>  >  > 2040年までに地球上から犬や猫が消える!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント4
関連キーワード:

2040年

,

ホラッチェ

,

未来予測

ThinkstockPhotos-531617476.jpg
画像は、Thinkstockより

 2015年12月、野村総研がイギリスのオックスフォード大学との共同研究の結果、「2030年以降の未来において日本の労働人口の49%の仕事が人工知能やロボットに置き換わる」という研究結果を発表した。

 人工知能が囲碁の最高峰の棋士を打ち破り、グーグルの自動運転車が人間よりも低い事故率で実験走行を続けている昨今であるから、人間の頭脳をコンピュータが上回るのは時間の問題だと考えられてきたが、日本人の半数が失業する可能性があるというのはそれなりに衝撃的な数字である。

ただ仕事がなくなるだけという意味では人間はまだましである。2040年の未来ではある動物が世界中から姿を消してしまうかもしれない。それがわれわれの友達である「犬」である。


■イギリスから消えたアノ動物

「過去、似たような事例があった」というところから話しをしよう。

 産業革命が起り、機械が発達したイギリスでは、機械のおかげで大量の失業が起きた。20世紀初頭の話だが、それでも人間は何とかして代わりの仕事を見つけて、生活の糧を得ることができた。

 しかしその頃、イギリス国内だけで325万頭も飼育されていたある動物が、機械のおかげで無用の長物となり、イギリス全土から半世紀かけてほとんど姿を消していくという現象が起きた。

 イギリスだけでない。アメリカでも、ヨーロッパ諸国でも、そして日本でも。街中に普通の光景として存在したある動物が消失した。

 それがである。

 馬車などの移動手段として、また農耕の仕事に欠かせなかった馬は、自動車やトラクターが発展し、道路が舗装され整備されていく過程で、コストが合わなくなり、飼育されなくなっていった。

 もちろんコストが合わないからといって殺されたわけではない。むしろ生きている間は馬は大切にされたのだが、次の世代に需要がないということで交配されずに、多くの馬たちが生涯独身で寿命を終えていったのだ。

関連キーワード

コメント

4:たぬきにゃんこ2016年6月24日 02:05 | 返信

ジバニャンって何?
磁場??
ポールシフト的な何か???
まぁ、犬猫がロボに取って代わられても、困るのはブリーダーくらいだから、
多くの人は気にする必要はないよね(*^_^*)

3:匿名2016年6月23日 03:38 | 返信

ペットは免許制(収入・住居・家族・飼育環境・人格・飼育能力のすべてが審査対象)かつ売買禁止にすべき。もちろん免許は定期的に資格更新のための試験と飼育実績の監査つき。

2:匿名2016年6月23日 00:38 | 返信

人間の歌手とボカロぐらいの違いは埋められない。
生きたペットはこの先ずっと無くならない。
遺伝子操作で都合よく生き物を作る技術が進んで、
むしろ金属製の「ロボット」の方が絶滅するだろうな。

1:匿名2016年6月22日 21:20 | 返信

いい加減な考えで飼われるような不幸な犬や猫が減るのは良いことだな。
資格がないとペットが飼えなくなるような時代になればいいね。

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。