>  > 韓国・ベテラン女スリ師の巧妙な半生

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
関連キーワード:

日刊サイゾー

,

韓国

suri0622.jpg
防犯カメラの映像

【日刊サイゾーより】

 今年3月、東京・上野駅のイベントスペースで、キャリア65年超えの超ベテラン女スリ師(83)が逮捕された。この女のあまりにも長いキャリアに、驚いた人も多いだろう。しかし、ベテランスリ師に関しては、お隣・韓国も負けていない。

 6月15日、人生の大半以上をスリや窃盗に捧げてきた前科38犯の女A(72)が逮捕された。「キム」と「チョ」、2つの戸籍を巧妙に使い分けて犯行を繰り返してきたAの壮絶な半生は、韓国で大きな話題となっている。

 1943年、Aはキム家の娘として生まれたが、朝鮮戦争の際に家族と生き別れ、戦争孤児となった。孤児院に預けられたAは、スリの技術を身につけ、たくましく成長していく。16歳になり、孤児院から出ると、本格的にスリを本業として生計を立てるようになった。

 そんなAにとって最初の転機となったのは、33歳の時だ。経緯は不明だが、彼女はチョ家の養子として迎えられたのだ。正式にチョ姓となったAだが、スリをやめなかった。

 さらなる転機が訪れたのは40歳の時。政府主導による離散家族対面制度を利用して、生き別れた家族の捜索を始めたのだ。そして、幸運にもAは家族と再会。登録上の戸籍をキムに戻した。が、Aの狡猾さはここからだった。彼女はキム姓を復活させながら、チョ姓の登録を抹消しなかったのだ。

 こうして、Aは2つの戸籍を取得。定職のない彼女は生活保護を受けながら、スリの犯行も重ねていった。そして幾度となく警察に逮捕されるものの、「キム姓」での執行猶予期間中は「チョ姓」で活動し、「チョ姓」での執行猶予期間中は「キム姓」として活動する、いわば二重生活を送り続けたのだ。しかも、両姓が使用不能だった1992~2004年の間には、スリの舞台を日本にも広げていた。Aは通算50回以上、来日しては何食わぬ顔でスリを繰り返し、2度ほど強制送還されている。

 結局、Aはチョ姓で28回、キム姓で10回逮捕されている。ちなみに、Aの二重戸籍は08年に一度バレたが、当時は曖昧なまま見過ごされたようだ。しかし、今回ばかりはメディアに大きく取り上げられ、さすがのベテランスリ師も、年貢の納め時となりそうだ。

 巧妙なAの半生を知った韓国ネット民の多くが、「これが今の韓国老女のロールモデル」「まともな教育を受けていないとこうなるのか……」といった侮蔑や同情をあらわにした。しかし、一方で「日本のみなさんすいません」「やっぱり、スリの元祖の日本に行ったのか」など、活動の拠点となった日本に対する謝罪や揶揄のコメントが残されている。

 スリ人生を送ってきたAだが、そのバイタリティーをほかの分野に向けていたら、もっと別の成果を挙げられたかもしれない……。

関連キーワード

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。