>  > 韓国・給食にカエルの死骸が混入

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
関連キーワード:

日刊サイゾー

,

韓国

mushikyushoku.jpg
仁川給食に混入していた虫

【日刊サイゾーより】

 最近、韓国内で、給食にまつわるトラブルが相次いでいる。

 6月22日には、仁川(インチョン)市の女子高の給食に、何かの幼虫らしき物体が混入していたことが発覚。さらに、事件が明るみになると、昨年にも同様の虫混入給食があったと主張する声が上がり、父兄の間で大きな問題となっている。

 幼虫が混入していたのは、カムジャタンという豚の背骨とジャガイモを煮込んだ鍋だ。

 学校側は今回の事件に対しては異物混入の事実を素直に認めて謝罪しているが、昨年の事件については「具体的にわからない」と、お茶を濁している。そんな“虫入り給食”を作った業者は計3校の給食を担当しており、仁川市教育庁による調査が引き続き進められている。

 しかし、韓国での給食トラブルは、これだけではない。

 実はこの事件の2日前、全州(チョンジュ)市内の高校の給食には、なんとカエルの死骸が混入していたのだ。雑穀ご飯の中に混ざっていたカエルの死骸は、ある男子生徒のお碗に配膳されたときに発見された。

 当然、学校側は生徒たちに謝罪するとともに、父兄に再発防止対策の書面を発送。「衛生管理を徹底する」とした。しかし、さすがにカエルの死骸のインパクトは大きく、韓国ネット民の間では「米を洗わないで、ご飯を炊いたの?」「子どもたちの口に入るのだから、もっと神経を使え」など、怒りの声が多く上がった。しかし、中には「カエルは、想像よりおいしいよ」「カエルはもともと食べ物だ! 食べても大丈夫」など、ピントの外れた意見も少なくなかった。

 カエル給食を提供してしまったとはいえ、その責任のすべてが学校側にあるとは思えない。最も問題なのは、給食を納入している業者だろう。特に最近では、そんな業者たちによるトラブルが非常に多い。

 6月だけを見ても、豆腐製品への有害な凝固剤使用を指摘されたり、談合や不正な取引契約を結んだことが発覚して摘発されたりと、給食業者の関わる不祥事が相次いでいるのだ。学校側からすれば、まともな業者を探すのが困難な事態といっても過言ではない。

 いずれにせよ、韓国ネット民の指摘通り、子どもが食べる学校給食に対しては、もう少し気を使ってほしいものだ。

関連キーワード

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。