>  > 難病・奇病の実物標本が並ぶ人体博物館

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
関連キーワード:

【健康・医療情報でQOLを高める~ヘルスプレス/HEALTH PRESSより】

bone.jpg

 人体標本や医学博物館、解剖図、標本模型などが地球規模で秘かなブームとなっている。「人間とは何だろう?」という根本問題は、哲学的、思想的、文学的な枠にとどまらず、物質としての人体についても長い歴史の中で探求されてきた。そして、グローバル化が進む現在、人体こそが、人類共通の物質的な属性として、言語や文化的な背景を超えて、共有し得る関心事となっているのかもしれない。

ヨーロッパで流行した「驚異の部屋」とは?

 第1回は、アメリカ近代医学の発祥地といわれるペンシルヴァニア州フィラデルフィアにある医学博物館の先駆「ムター・ミュージアム」を訪ねてみよう。

 ムター・ミュージアムは1858年、ジェファーソン医科大学のトーマス・デント・ムター(Thomas Dent Mütter)博士が、その引退を機に個人所有の医学標本をフィラデルフィア医師協会(The College of Physicians of Philadelphia)に寄贈したことから始まる。ミュージアムは一般公開されており、150年におよぶ医学の歴史を一望できる世界屈指の専門博物館として人気があり、隠れた観光スポットしても知られ、年間の来場者数は6万人以上ともいう。

関連キーワード

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。