>  >  > 【閲覧注意】ドス黒くなって川に浮かぶ遺棄された胎児

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント2
関連キーワード:

北原大悟

,

育児放棄

,

赤ちゃんポスト

※2頁目に衝撃的な動画を掲載しています。苦手な方は文章のみご覧ください。

1606_suteraeakachan_01.jpg
画像は、seanquillen / One Tiny Life(from Flickr, CC BY 2.0)

 1989年のベルリンの壁崩壊後、ドイツを中心に設置されたのが、親が育てられない新生児を匿名で預けられる施設“赤ちゃんポスト”だ。赤ちゃんを殺害と中絶から守るための“赤ちゃんポスト”は多くの国や地域で採用され、日本でも唯一、熊本県にある慈恵病院に設置されている。

 しかし“赤ちゃんポスト”の設置もむなしく、生まれたばかりの赤ちゃんを遺棄する行為は止まない…。昨年3月には、宮城県で紙袋の中から生後1カ月に満たない男児が発見され、母親である20代女性が逮捕された。この捨てられた男児には、同じように遺棄されてしまった“姉”もいたという。

 今月22日に動画共有サイト「LiveLeak」にアップされたのは、母親が遺棄したと見られる赤ちゃんの死体の映像。どこの国で撮影されたのかは不明だが、赤ちゃんは下水が流れ着く、川のようなところに浮かんでいる。

 へその緒と胎盤が付いたままということから、産まれてまもなく捨てられたということがわかる。ドス黒い肌の赤ちゃんが川の流れにさらされており、非常に惨たらしく、非日常的な光景だ。

 世界には中絶手術を禁止している国もあるため、出産後に赤ちゃんを遺棄してしまう親も少なくない。しかし人間は“生理的早産”で誕生するため、人の手が無ければ成長することができないのは言うまでもないだろう。赤ちゃんポストに対して、人道的な見方から反対の意見があるのもわかるが、遺棄され、死んでしまう赤ちゃんがいるくらいなら設置すべきだとの意見もある。

 果たして、産まれたばかりの胎児を遺棄した親には、どのような事情があったのだろうか? そして今どこで何をしているのだろうか? 同じ過ちを繰り返さないようにするにはどうすればいいのだろうか……?
(文=北原大悟)

※次頁に衝撃的な動画を掲載しています。苦手な方はTOPにお戻りください。

関連キーワード

コメント

2:匿名2016年10月16日 17:52 | 返信

日本も もっと赤ちゃんポスト作ったほうがよくね?
貧乏な10代20代だと 熊本までの交通費すら工面できないし…
各県 県庁所在地等にひとつあればいいと思う

1:匿名2016年10月16日 17:50 | 返信

日本も もっと赤ちゃんポスト作ったほうがよくね?
貧乏な10代20代だと 熊本までの交通費すら工面できないし…
各県 県庁所在地等にひとつあればいいと思う

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。

18歳未満閲覧禁止

ここから先のコンテンツには、過激でグロテスクな表現と画像が含まれます。そういったものが苦手な方は、強い精神的不快感を覚える可能性があるため閲覧はお控えください。また、18歳未満の方の閲覧を禁止いたします。閲覧される方は必ず各自の責任を持ってご覧下さい。

閲覧しますか?