• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
関連キーワード:

中国

,

日刊サイゾー

houjou-1
公園近くでスズメを放す市民たち

【日刊サイゾーより】

 中国で、仏教の教えに従ったある行為が、問題になっている。

 6月12日、山東省青島市の町中で、数千羽のスズメが大量死しているのが発見された。中国各地で大気汚染が深刻化する中、野生生物がその被害を被っている……と思いきや、実は大量死したこれらのスズメは、捕らわれた生き物を自然に返すことで功徳を積むという、仏教の「放生(ほうじょう)」によって野に放たれたものなのだ。

 それまで飼いならされていたスズメたちは、自らエサを取ることも、遠くまで飛ぶこともできなかったのだ。また、路上を走る車に轢かれて死んだスズメもいたという。

houjou-2
飛ぶことを知らないため、放されても近くでたたずむしかないスズメたち
houjou-3
道路でエサをついばんでいるうちに、車に轢かれててしまうスズメも多数

 この「放生」、日本では奈良時代より行われているという。中国でも、最近では熱心な仏教徒たちによって頻繁に行われており、生きている魚や鳥などを養殖場から購入し、念仏を唱えたりしながら野や池に放す行事が各地で行われている。

 この一件には、ネット上でも非難の声が相次いだ。

「人間からエサをもらうことに慣れているスズメが、外で生きられるわけがない」
「飼っている生き物を途中で放り出すようなものだ」
「供養のために生き物を外に放つなんて、単なる人間の自己満足だ」
「放生なんて言いながら、実際は殺生しているのと同じ」
 
 4月にも、北京市北部の懐柔区で、外来種のホッキョクギツネなど約300匹が無許可で山に放生され、一部のキツネが付近で飼われていたニワトリをかみ殺す事件が起きている(北京晩報)。

 放生をめぐる問題について、中国事情に詳しいライターの吉井透氏はこう説明する。

関連キーワード

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。