>  >  > イスラエル“失われた10氏族”は諏訪にいる!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント9
Onbashira.jpg
画像は「YouTube」より引用

 世間では度々トンデモ扱いされているが、「日ユ同祖論」と呼ばれる説がある。これは「日本人(大和民族)とユダヤ人が共通の祖先を持っている」という主張だ。怪しい根拠が多いのも確かだが、それらを取り除いていくと、最後に多少なりとも考察に値する部分がある。なかでも(数えで)7年に一度、天下の奇祭と呼ばれる「御柱祭」が行われる長野県の諏訪には、古代イスラエルとのつながりを思わせる物事が多い。それらを長年にわたり探求してきた筆者は、ついに諏訪と古代イスラエルを結びつける、ある重大な「発見」をしたのだが、それを今回初めて公開することにしたい。


■古代イスラエル、永遠のミステリー

Onbashira_2.jpg
12氏族の紋章 画像は「Wikipedia」より引用

 古代イスラエルには、もともと12の支族が存在し、10支族による北王国(イスラエル王国)と2支族による南王国(ユダ王国)に分かれていた。北王国は紀元前8世紀にアッシリアに滅ぼされ、10支族の行方はわからなくなり、結果「失われた10支族」と呼ばれて世界史におけるミステリーとして語り継がれている。そして、彼らの一部が古代日本へと辿り着き、日本人に同化したとする説が根強く唱えられており、これこそが「日ユ同祖論」にほかならない。

 とりわけ日本にやって来たユダヤ人の最有力候補と目されているのが、数万人単位で渡来してきた古代支族の秦氏(はたうじ)である。彼らこそが原始キリスト教を信仰していた10支族の末裔だと考える人々も多い。さらに、この10支族の末裔の一部が、古代の諏訪地方(長野県)にまで到達していたのではないかとする声があるのだ。しかも興味深いのは、日本人よりもむしろ、世界中で10支族の末裔を探すイスラエル人の中に、それを信じる人々がいるということだ。

 イスラエルには、失われた10支族を探し求めて世界各地を調査している「アミシャーブ(Amishav)」という機関が現在も存在しており、実際に10支族の末裔と認定された民族の一部は、すでにインド、中国、ミャンマーなどからイスラエルへと「帰還」を果たしている。アミシャーブは、同様に諏訪地方にも強い関心を寄せており、その代表であるラビ・エリエフ・アビハイルら一行が訪問し、調査を行っているほどなのだ。


■10氏族の末裔が諏訪地方に辿り着いた根拠

 では、アミシャーブが諏訪地方に10氏族の末裔が暮らしていると考える根拠は何か? 現時点では、以下のようなユダヤ文化との共通点が見られるという。

コメント

9:匿名2016年8月12日 12:51 | 返信

世界のチョンことユダ公と同じ血を引いてるとか死んだ方がマシ

8:匿名2016年7月23日 02:15 | 返信

また、しょうもない空想話か
DNA検査すりゃ分かる話だろ

7:匿名2016年7月16日 22:46 | 返信

 紀元前の日本には、イスラエルから古代アメリカに移住しマヤ文明などを築いていた民がアメリカから渡来して移住しました。
   
 その後、紀元前に秦からユダヤ教徒の徐福たちが集団で西日本に渡来してました。
 邪馬台国の文字は、当時の中国人が付けた文字で発音でいえば「ヤマト国」です。
 「ヤ」はヘブル語の「ヤハウェ(エホバ)」の短縮形で、新約時代に使用されていたアラム語で「ゥマット」は人民の意味があります。
 したがって「ヤマト」とは「ヤハウェの民」です。
 
 その後、紀元後の3世紀末、朝鮮半島を経由して、原始キリスト教徒集団が渡来しました。
 初代天皇陛下は、原始キリスト教徒集団の長です。

 日本には、契約の箱、十戒石板、マナの壺、アロンの杖、聖十字架、罪状板、荊の冠などの物証も持ち込まれ、ある目的のために極秘裏に保管されています。
   
 イエス・キリストは、仏教の観音菩薩、地蔵菩薩、弥勒菩薩であり、神道の高御産巣日神、豊受大神、天照大神です。
  
 漢字は、中国から日本に渡来した徐福たちユダヤ教徒が作った文字で、後に渡来した原始キリスト教徒が作りました。
 だからこそ、漢字に聖書の故事が含まれています。
  
 あなたの知らない物証と驚きの極秘情報があります。
  
 日本人のルーツと神道、仏教の真実
 http://blog.livedoor.jp/hideki4612/archives/1025769358.html
    
 天照大神の正体
 http://blog.livedoor.jp/hideki4612/archives/1058533143.html

6:匿名2016年7月13日 12:27 | 返信

とっととDNAで裏付けとれよって10年以上前から言われてるんだが絶対やらないね。

5:匿名2016年6月29日 17:53 | 返信

宇宙の彼方からやってきたわけではなく、陸海を移動できる人間のすること
なのだから、可能性は否定できない。古代人の移動能力はあなどれない。

4:匿名2016年6月29日 01:40 | 返信

1コメの人同様に東北地方の民謡などの合いの手はヘブライ語では意味を持つ物が実際にあると結構、昔に知りました。

あらえっサッサー も確かそうです。

3:匿名2016年6月28日 19:58 | 返信

まあ、妄想してるぶんには楽しいし、何の害もないからね…

2:匿名2016年6月28日 19:38 | 返信

くだらん。
義経や西郷が他国に行ったというレベルの希望的観測。

1:匿名2016年6月28日 17:09 | 返信

10支族の内、現在見つかっていないとされる2支族の一部、あるいは全部が来日して定住した可能性もあるし、ただ単にシルクロードを経て文化的影響を受けた可能性もあります。
いずれにしても、日本が古代ユダヤ人と何らかの関係があったのは間違い無いと思います。
以下、歌に関する謎をちょっとだけ。

(1) 北海道のソーラン節
ヤーレンソーランで有名なあの歌ですが、日本人は何のことかわからないまま歌っています。方言ではありません。
しかし、なぜかユダヤ人は自分たちの言語で理解する事ができます。
(2) 山形の最上川舟唄
ヨーイサノーマカーショーエンヤーコラマーカセーで有名なあの歌ですが、これも日本人は何のことかわからないまま歌っています。方言ではありません。
しかし、なぜかユダヤ人は自分たちの言語で理解する事ができます。
(3) 青森に昔から伝わるヘブライ語の歌
これは実体験なのですが、90歳を超える私の祖母は昔から伝わってるという、全歌詞ヘブライ語の歌を歌えます。意味はわからないそうです。

ま、もしかすると明治維新後の文化交流が盛んになった時に、ユダヤ文化が入ってきた可能性もありますが、個人的にはもっとこう、深い時間の流れを感じる所があり、「日ユ同祖論」とまではいかないにしても、古代ユダヤ人の血・文化が混ざってる気はします。

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。