• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント1

 これまでも数々のメディアで報じられてきたが、近年火星では生命体らしき存在の発見が相次いでいる。NASAが送り込んだ無人探査機「キュリオシティ」が撮影した高解像度画像にタコ、ウサギ、果ては中年男性の姿まで写り込んでいたというのだ。先々月には、推定身長3~5cmという小人も激写され、世界のUFOコミュニティに衝撃が走ったばかりである。

 そして今回、火星に暮らす小人たちの人口は、私たちの想像をはるかに超える可能性までもが浮上している。なんと、またしてもキュリオシティが小人の撮影に成功、その姿があまりにも鮮明であるため、世界のUFOコミュニティでは「これはもはや決定的証拠だ」との声も聞かれるほどだ。では早速、火星に暮らす小人の最新画像をご覧いただこう。

TinyAlien.jpg
画像は「NASA」より引用

 これはキュリオシティの“頭部”、本体上部左側に装備された高解像度カメラ(Mastcam)が、協定世界時(UTC)2014年8月2日12時54分23秒に撮影した火星の地表写真である。一面に広がる荒涼とした赤茶色の大地と、転がる無数の岩。一見した限りでは生命の痕跡など存在しないように思えるが、画像中央下に注目してほしい。砂の中から垂直に顔を出した岩石ひとつを拡大してみると――なんとそこに、寄りかかるような人影が写り込んでいるではないか。

TinyAlien_2.jpg
画像は「NASA」より引用

 謎の人影は、表情こそ読み取ることはできないものの頭部、胴体、そして脚までハッキリと確認することができる。わずかに膝を曲げたその姿は、まるで撮影されることを意識してセクシーポーズ(もしくはダンディーポーズ)を決めているかのようだ。

コメント

1:匿名2016年6月28日 20:03 | 返信

…今回のはちょっとダメじゃないか?
ネズミとかはけっこういい感じにそう見えたが。

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。