>  >  > 血管、内臓、骨まで丸見えの完全に透明なカエル出現

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント2

 地球上には、透明な体を持つ生物がいる。以前トカナでも紹介した「サルパ」という海洋生物や、遺伝子操作によって人工的に透明な羊が誕生した例もある。そして今度は、完全に透明なカエルの登場だ。しかしこのカエル、もともと透明な種であるというわけではなく、かつ人為的に作られたものでもないようだ。では、このようなカエルが生まれた原因とは何か? 詳細についてお伝えしよう。

TransparentFrogs.jpg
画像は「The Daily Mail」より引用


■心臓の鼓動も目視できる、完全に透明な姿

 今月23日、「ロシア・トゥデイ」をはじめとする複数の海外メディアが報じたところによると、透明なカエルこと「ミュータント・フロッグ」は中央ロシア・チュメニ州クラスノウラリスク市郊外にて発見された。

 個体によって透明度には差があるようだが、まるでゼリーのように完全に透明な体を持つものは、骨格や血管、そして臓器が丸見えの状態だった。さらに、今回確認された約60匹の透明カエルには、肩部分に謎の突起が生えていたり、足の指が多いなどの奇形を併発しているものが多数含まれているという。発見者であるウラル工科大学・自然科学研究所のウラジーミル・ヴェルシーニン博士(動物学)は、次のように語る。

「透明なカエルは、体内が完全に見えています。心臓の鼓動さえ目視できるのです。ところが、目は完全に真っ黒なのです」

TransparentFrogs_2.jpg
画像は「The Daily Mail」より引用


■原因は環境汚染か、それとも……!?

 現在、ヴェルシーニン博士らはカエルが透明になってしまった原因について調査を進めているところだが、もっとも疑わしい“犯人”についてクラスノウラリスクにある化学工場から流出した危険な薬品ではないかと考えているようだ。

コメント

2:匿名2017年1月12日 19:42 | 返信

いっその事、人類滅亡の前触れと締めた方がTOCANA的だったのでは?(笑)

1:匿名2016年7月 2日 23:15 | 返信

この種のオタマジャクシに透明な個体がいないか調べてるのかな?気になる!!

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。