>  > 車の自動運転はサイコ野郎のためのもの

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント1
関連キーワード:

グーグル

,

交通事故

,

殺人

,

自動運転

,

道徳

 日本における交通事故死者数は昨年度で4117人。重傷者が後に死亡するケースを入れるとさらに膨れ上がる。事故の原因は、運転手の「不注意」や「飲酒」など多々あるが、多くの事故が適切に運転さえしていれば防げた事故だ。

 自動運転車は、運転手の能力や状態に関わらず、“安全に”車を運転してくれる夢の技術だ。実用化されれば、90%以上の事故を防げると予想されている。

 しかし、交通事故が完全に“ゼロ”となるわけではない。人命が関わるような不測の事態が起きた時、自動運転車はどのような判断を下すのだろうか? 極限の状況では、誰を殺すのか?

driverless_01.jpg
画像は「Daily Mail」より引用


■壁に激突して死ねるか…?

 米MITメディアラボの研究者イヤッド・ラーワン氏は、自動運転者が引き起こす道徳的問題を簡潔にまとめている。

「交通事故による犠牲が最小限の世界を多くの人が望んでいますが、誰もが自分が乗る車には、あらゆる犠牲を払ってでも、自分自身を守ってもらいたいと思っています」

 ラーワン氏らは、2015年6月~11月にかけて、合計1928人の米国在住者を対象とした自動運転に関するアンケート調査を行った。質問の内容はおおまかに次のようなものだ。

driverless_03.jpg
画像は「Science」より引用

「自動運転車が、10人の歩行者の方へ向かっている。そのまま突き進んで歩行者をひき殺すか、進行方向を変えてコンクリート壁に突っ込み、運転手を殺すことができる。さあ、どちらを選ぶ?」

 以前、トカナでも取り上げたトロリー問題によく似ているが、「自分の死」が選択肢に含まれている点が異なっている。

関連キーワード

コメント

1:匿名2016年6月29日 14:46 | 返信

そもそも歩行者轢くか壁に激突するか選ばなきゃないような状況ってなんだよ?
歩行者が横断してくるような道で止まれないような速度で走る時点でおかしい

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。