>  >  > 【コネ入社の真相】大企業上層部のやり口

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
関連キーワード:

コネ入社

,

フジテレビ

,

吉沢ひかる

0422konenyuusha_01.jpg
※イメージ画像:Thinkstockより

 今年4月1日、フジテレビに藤井フミヤの息子である藤井弘輝がアナウンサーとして入社したことを覚えている人も多いだろう。入社式には藤井フミヤも父親として参加し、本人は現在研修の最中だ。しかし、人気歌手の息子ということでコネ入社を疑う声もあがっている。過去にもフジテレビは、高橋秀樹の娘である高橋真麻もアナウンサーとして入社するなど、コネ入社を疑われる社員採用が多く見受けられ、採用姿勢に批判の声もある。

 だが、実際にコネ入社はあるのか。そして、フジテレビはなぜコネ入社と言われるような人事を数多く断行するのか。その事情を関係者に聞いた。

「各局コネ入社はありますが、フジの2世好きは業界でも突出していますね。タレントさんの子どもを採用するのは、それぞれのプロダクションに恩を売りたいのと、親の七光りであっても新人時代からネームバリューがあるため、番組で視聴率につながりやすいという考え方があるようです」(テレビ局関係者)

 テレビ業界にはコネ入社は各局ともにあるようだが、フジは特に多いという。それはタレントの子どもだけにはとどまらないらしい。

タレントの子どもだとニュースになりますが、報道されないその裏では大手企業トップや大物政治家の子息や令嬢の入社も多いですよ。安倍晋三総理の甥がフジにいるのは誰もが知っていますが、それ以外にも大手企業の重役レベルの子どもや親族がゴロゴロしています。企業トップの血縁者がいればスポンサー獲得もしやすい。その社員の生涯賃金である数億円を払っても、その数十倍の広告費を稼げるわけですから、フジとしてはぜひとも採用したい人材なわけです」(同)

 たしかに企業の重役の子どもが社内にいればスポンサー獲得も容易いだろう。そのような思惑もあってフジテレビはコネ入社も多くなっているようだ。さらに、この状況はフジテレビだけに限らずグループ全体にも見受けられるという。

関連キーワード

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。