>  > 宮根が能年玲奈を「ルール違反」と攻撃

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
関連キーワード:
miyanenounen_160601.jpg
左・読売テレビ『情報ライブ ミヤネ屋』公式サイトより/右・「07' nounen 能年玲奈オフィシャルブログ」より


【本と雑誌のニュースサイトリテラより】

 能年玲奈が事務所との契約が切れて、独立することが報じられたのは先月の中頃。この間、ずっと事務所に飼い殺しにされ、「洗脳報道」など、事務所のリークによる悪質なバッシング報道にさらされてきた能年ちゃんもようやく自由になれるのか、と安堵していたら、まったくそんなことはなかった。

 むしろ、〈能年玲奈、事実上芸能界を引退へ〉と打った「週刊女性」(主婦と生活社)はじめ、週刊誌、ワイドショー、スポーツ紙がこぞってさらなバッシッグを展開し始めたのだ。

「事務所からの延長の打診に応じず、没交渉」「レプロに無断で、演技指導を受けてきた演出家の女性と個人事務所を設立」「能年側は、事務所側が映画やドラマの出演作の打ち合わせや契約交渉の場を設けても応じなくなった」「能年は現在、都内で演出家と同居している」「事務所設立をめぐる不義理」「事務所の用意した仕事を能年が選り好みして断った」などと、報道のトーンは一方的に能年サイドに非があるという論調のものばかり。どう見ても、事務所独立=芸能界引退と、能年の芸能界追放を既成事実化しようという動きさえ見え隠れするのだ。

 もちろん、これは、芸能界のドン、バーニングプロ周防郁雄社長の顔色をうかがっての行動だ。周知のように、能年が所属していたレブロはバーニング系列の事務所で、周防社長はこの騒動で能年サイドにかなりご立腹らしいのだ。

「じつは『あまちゃん』でブレイクしていたころ、周防氏の一押し女優は能年だったんです。周防氏はレプロと能年の関係悪化が伝えられた当初も、どちらかというと“レプロもほどほどに”という態度で、契約期間の終了を待って小泉今日子の事務所に仲介するなどソフトランディングでおさめようと考えていたともいわれます。しかし『文春』の記事が出たあと、レプロは「能年本人がしゃべっているとしか思えない」と激怒。それまでは滝沢氏の「洗脳」を批判するニュアンスだったのが、各誌に能年のネガティブ情報を流し、能年本人への批判を本格化させます。とくに小学館の『週刊ポスト』と『女性セブン』はブチキレたレプロの社長自ら持ち込んだのではともいわれていますが、トラブル中とはいえ自社のタレントに対するものとは思えない凄まじいバッシング記事でした。
周防氏もさじを投げて、能年バッシングを黙認するようになった。ここにきて、能年バッシングが再燃しているのも、バーニングのお墨付きあってのものです」(芸能事務所関係者)

関連キーワード

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。