>  > 死後蘇生や死者復活は本当にあるのか?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント1
関連キーワード:
razaro.jpg

 科学技術の発展により現実味を帯びてきた「蘇生」。それをテーマにしたホラー映画『ラザロ・エフェクト』が、6月11日(土)より新宿バルト9ほか全国ロードショーとなる。

 そして本日6/2(木) 20:00~21:30終了予定より、映画公開記念として「死後蘇生や死者復活は本当にあるのか!?映画で描かれる禁断の「ラザロ計画」」のニコニコ生放送での実施が決定した。

【映画ラザロ・エフェクトとは?】

「パラノーマル・アクティビティ」「インシディアス」などの大ヒット低予算ホラーを生み出してきたジェイソン・ブラムが製作を手がけ、死者が手足を動かすラザロ徴候をテーマに、医療研究チームが死者蘇生に成功したことから味わう恐怖を描く。

 死んだ人間をよみがえらせる「ラザロ血清」の研究中、事故によって研究員ゾーイが感電死。婚約者のフランクは、仲間の制止を振り切りラザロ血清を投与し、ゾーイを死の淵から呼び戻すことに成功する。しかし、指先が変色しフランクの心を読み取るなど、ゾーイは別の何者かに変ぼうしていた。

 予告編では、「何かがおかしい」「私がいたのは地獄だ」という言葉とともに、燃え盛る炎に包まれた不気味な世界がフラッシュバック。死を境に次第に制御不能になっていくゾーイと研究員たちは闇にのみ込まれ、研究室という閉ざされた空間が恐ろしさをあおるが――。

【今晩、ニコニコ生放送!】

 本作で描かれる世紀の大発見"ラザロ計画"をはじめ、人の死について科学的視点も含めて深く切りこんでいく本作の魅力や実際に起こっている世界的実例などについて、日本における超常現象研究の第一人者である南山宏(超常現象作家・研究家)、三上丈晴(ムー編集長)、角由紀子(TOCANA編集長)という日本の超常現象シーンをリードする面々がじっくり解説していく。

■全国ロードショー映画『ラザロ・エフェクト』の公開記念!
死後蘇生や死者復活は本当にあるのか!?映画で描かれる禁断の「ラザロ計画」とは?
日時:6/2(木) 20:00~21:30終了予定
ゲスト:南山宏(超常現象作家・研究家)、三上丈晴(ムー編集長)、角由紀子(TOCANA編集長)
MC:松嶋初音
視聴ページ:http://live.nicovideo.jp/watch/lv264204993

映画『ラザロ・エフェクト』は、6月11日(土)より新宿バルト9ほか全国ロードショー
公式サイト http://lazaroeffect.com/

© 2016 Lions Gate Entertainment Inc. All Rights Reserved.

関連キーワード

コメント

1:匿名2016年6月 3日 14:52 | 返信

CMだったw

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。