>  > 1歳の赤ん坊のペニスが突然急成長、大人へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
関連キーワード:

ペニス

,

仲田しんじ

,

,

成長

,

陰毛

ThinkstockPhotos-462215489.jpg
画像は、Thinkstockより

 小学生くらいから個々の成熟度の差が目立つようになってくるが、それがきわめて極端なケースが稀にある。なんと5月末、インドで、1歳の赤ちゃんに早すぎる性的成熟が起こっていた症例が報告されていたのだ。


■1歳の赤ちゃんに大人並みのペニスと陰毛!

precociouspuberty1.JPG
Hindustan Times」の記事より

 インド・デリーの家族に生まれたアカースくんは1歳の赤ちゃんだが、すでに性器は大きく発達し陰毛に覆われているというから驚きだ。顔の周辺や身体全体にも体毛が生え始めているという。

 彼は1歳にもかかわらず、主要な男性ホルモンであるテストステロンが25歳の男性に匹敵するレベルで分泌されていて、“たくましく”成長を遂げているという。筋肉も発達してきているため、もはや母親の力では扱いきれなくなっているということだ。

 アカースくんの母親によれば、それまでも普通より大きな赤ちゃんであることは認識していたものの、生後6カ月を過ぎた頃に“普通ではない”と気づきはじめたということだ。
 
ペニスが急に大きくなって普通の大人のサイズくらいになったんです。それで我が子の体に何かおかしなことが起こっていることに気づきました」(アーカス君の母親)

 それでもすぐには医者に診せなかったのだが、同じくこの“異変”に気づいた母親の義母の忠告で、アカースくんは病院で診断を受けることになった。そして医者から「早発思春期」であると告げられたのだ。

 最初は両親も医者も、何らかの腫れやできもので性器が大きくなっていると考え、またその原因として脳や胃腸に腫瘍があるのではないかと疑われたのだが、血液検査などの結果、アカースくんの体に腫瘍はないことがわかった。ある意味ではとても幸運なことで、両親はホッと胸を撫で下ろしたという。しかしながらこの早すぎる性的成熟を見せる早発思春期もまた厄介な症状であるという。

関連キーワード

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。