>  >  > 好きな映画を見続けるほど肌が老化する!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0

 最近は見逃したTVや映画もオンラインで簡単に視聴できるようになった。だが大人気の海外ドラマ『スーパーナチュラル』や『BONES』をノンストップで見続けているとき、あなたの肌が、どんな悪影響を受けているかご存知だろうか。英紙「Daily Mail」(5月27日)によれば、最近は「ネットフリックス顔」と呼ばれる肌トラブルが頻発しているという。


■「ネットフリックス顔」とは?

 イギリスの「ハーレー・メディカル・グループ」の皮膚科専門医ジャスティン・ヘクストール医師は、長時間の動画視聴に対し「PCやスマホから放射されるHEV成分(ブルーライト)は皮膚の真皮まで届き、肌の老化を早める」と警鐘を鳴らしてる。ブルーライトが皮膚の糖化ストレス(糖とタンパク質が結びつき、老化物質が生成される)を引き起こすからだ。以前から「ブルーライトは目に悪い、睡眠を妨げる」といわれてきたが、実は肌にもダメージを与えていたことになる。

netflixface1.JPG
「ネットフリックス顔」 「Daily Mail」の記事より

 好きなドラマを見続けた結果、顔に小じわ、ほうれい線、たるみが出てきたなんてあんまりだ。しかも、ブルーライトにより肌細胞が変色すると、1時間程度で色素沈着し、かなり頑固に残るというから恐ろしい。また、屋外でPCやスマホを見ると、ディスプレイの反射により紫外線のA波・B波(ともに皮膚にダメージを与える)を増幅させるらしいので油断がならない。

 ネットフリックスは世界最大の会員数を誇る動画配信サービスだ。ついつい時間を忘れて動画視聴をしてしまうという意味で、代名詞的存在の同サービスが槍玉に挙げられてしまったのだろう。

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。