>  > セックス教団「オナイダ・コミュニティ」の実態

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
関連キーワード:カルト, セックス, 乱交, 佐藤Kay, 妊娠, 宗教, 射精, 結婚
「股間はチャンネル、セックスは発電」 19世紀アメリカに実在したセックス教団「オナイダ・コミュニティ」とは!?

 1841年、アメリカのバーモント州パットニーで奇妙な宗教共同体が創設された。リーダーは地元出身のジョン・ハンフリー・ノイズという30過ぎの男で、自らを空想的社会主義者と名乗っていた――。 ■かつて実在したフリーセックス教団  彼ら共同体の教義は“メシアの再臨により、地上において千年王国が創造される”という、いわゆる「千年王国思想」ではあったが、彼らが王国に至るために励行していたのは複合...