• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント3

※衝撃的な画像を掲載しています。苦手な方はTOPにお戻りください。

1606_bulldozer_01.jpg
画像は、「Daily Mail」より

 イスラム圏の統一国家建設を目指してテロ活動を続ける「イスラム国」(IS)。去年2月、日本人ジャーナリストの後藤健二さんと湯川遥菜さんが拘束、殺害されたことは記憶に新しい。日本人だけでなくさまざまなな国のジャーナリストも殺害されているが、2014年6月にISが国家樹立を宣言して以来、これまで“処刑”してきた人数は延べ4,000人を超えるともいわれている。

 その処刑方法は、銃殺、石投げ、高所からの突き落とし、そして斬首など残酷極まりないものばかりだ。ISには“Chopping Committee”(斬首委員会)という、いわゆる“処刑執行人”が存在する。今月2日、その“斬首委員会”の中でもっとも悪名高きメンバー、通称“ブルドーザー”をシリア軍が捕えたとのニュースを英紙「Daily Mail」など多くのニュースサイトが伝えた。


■黒いマスクとローブに包まれた悪魔の処刑人“ブルドーザー”

1606_bulldozer_02.jpg
画像は、「Daily Mail」より

 130キロ近くある巨体の持ち主であるブルドーザーは、成人だけでなく多くの子どもたちを処刑してきたことから、「イスラム国」のなかで最凶に恐ろしい処刑執行人の1人として知られている。しかし、常に黒のマスクとローブを身に着けており、これまでは首を切り落とそうとする姿の写真や、重量52キロものブローニング機関銃を構える写真しかなく、その素顔は秘密のベールに包まれていた。

 昨年、14歳のオマールというシリアの少年は、「イスラム国」への参加を拒否したことから1カ月間にわたり拷問を受け、最後はブルドーザーによって片手と足を切り落とされてしまった。奇跡的に死を免れたオマールだったが、黒ずくめのブルドーザーはまさに怪物のようだったと「Daily Mail」に語っている。

コメント

3:ジハード2016年6月 9日 18:59 | 返信

動画視たが豚の出荷にしか見えない
とりあえず殴られてて笑った

2:匿名2016年6月 8日 08:59 | 返信

こいつの処刑方法は斬首かな?

1:匿名2016年6月 6日 13:31 | 返信

愛国者のイスラム国 そこまで切って委員会

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。

18歳未満閲覧禁止

ここから先のコンテンツには、過激でグロテスクな表現と画像が含まれます。そういったものが苦手な方は、強い精神的不快感を覚える可能性があるため閲覧はお控えください。また、18歳未満の方の閲覧を禁止いたします。閲覧される方は必ず各自の責任を持ってご覧下さい。

閲覧しますか?