• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント5

 スマートフォン、スマートウォッチ、スマートグラス……従来の機能に数々の最新テクノロジーを盛り込んだ「スマートデバイス」が、ここ数年で一気に身近な存在になりつつある。そして今度は、スマート補聴器(もしくはスマート耳栓)とでもいうべき“耳に装着する”スマートデバイスの登場だ。いち早く詳細についてお届けしよう。

TCAPS.jpg
画像は「The Daily Mail」より引用

■機能のてんこ盛り、耳につけるスマートデバイス

 米公共ラジオ「NPR」が今月3日に報じたところによると、このたび米陸軍は約2万人の兵士に対し、耳につけるスマートデバイス「Tactical Communications and Protective System、TCAPS」(戦術コミュニケーション・防御システム)を装備させることを決定した模様だ。

TCAPS_2.jpg
画像は「The Daily Mail」より引用

 このTCAPS、一見するとこれまでのイヤフォンや補聴器と大差ない構造のように思える。しかし、その機能は驚くほど高性能だ。まず、戦場で発生する発砲音や着弾音などの爆裂ノイズを最小85デシベル(地下鉄車内レベル)まで軽減。銃弾の飛び交う戦場で、兵士の聴覚を保護する(耳栓機能)。そして、隠れている敵が動いたわずかな音さえも拾いあげ(補聴器機能)、さらにクリアな音で仲間との双方向コミュニケーションさえ可能になる(ヘッドセット機能)というのだ。これらの機能をすべて搭載し、過酷な環境において人間の聴覚を保護するとともに拡張する、まさに“スーパー地獄耳デバイス”の名にふさわしい仕上がりとなっているようだ。

 装着も実に簡単だ。耳栓のようになっているイヤープラグ部分を外耳道に挿入すると15~20秒であらゆる耳の形に完全にフィット。コードでつながった本体ユニットで、ボリュームなどを操作する。使用環境や衛生状態にもよるが、そのまま1週間~1カ月間(!)継続して作動することも可能だという。ちなみに、製造コストは1システムにつき2,000ドル(約21万4,000円)とのこと。

関連キーワード

コメント

5:匿名2016年6月 7日 01:47 | 返信

聴覚過敏あるからすごく気になる。一般化して欲しい

4:匿名2016年6月 6日 22:55 | 返信

すごく便利な反面、クラッキングとかでニセの音声流されたりするリスクもあるね。

3:匿名2016年6月 6日 21:05 | 返信

突発的に爆発とか
雷とか、そんなのあったら
どうなんの?(´∀`; )

2:匿名2016年6月 6日 20:38 | 返信

自衛隊もデビルマンのデビルイヤーを早く実用化せねば…

1:匿名2016年6月 6日 18:36 | 返信

いつか秋葉原の店で見る日が来るのだろうか

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。