>  >  > 清原がブチ切れ? テレビ、出版社、格闘技界

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント2
関連キーワード:

ブチ切れ

,

清原和博

0324kiyohara_01.jpg
※画像:清原和博

 先月末に執行猶予判決の出た元プロ野球選手・清原和博氏に続々とオファーが舞い込んでいる。

 ワイドショー関係者の話。

「清原のことを取り上げたテレビは軒並み高視聴率を記録。その流れで告白番組のオファーが殺到しているそうです。ギャラも青天井で『500万円出す』といった社もあったようです」。

 同様に告白本出版の争奪戦も繰り広げられている。当初リードしていたのは、大手出版社の講談社。同社発行のフライデーでは清原氏の「番長日記」を不定期掲載している縁があった。

 舞台裏を知る関係者は、

 「“清原番”の記者とフライデーの編集長が水面下でオファーをかけ、1度は出版が決まったと聞いていた。ところが、最近になって清原サイドと何らかのトラブルが発生し、企画は白紙に戻ってしまったようだ」と話す。

 トラブルの中身は定かではないが、一部スポーツ紙によると、過去の清原氏の著書と、改めて今回喋る同氏の話の整合性が取れなくなる可能性が高まったからという。一方、別の関係者はこうも話す。

「出版が決まったのに、フライデーや週刊現代では“清原叩き”の記事が掲載された。本人の薬物事件ならまだしも、直接関係のない野球賭博問題でも名前を出され、清原本人が激怒したという情報もある」と明かし、現在は別の有名出版社が一歩リードしている状況だという。

 格闘界からも熱視線が送られている。

関連キーワード

コメント

2:匿名2016年6月 7日 09:30 | 返信

気が弱いから格闘技向かないだろうね

1:クリトリ映子2016年6月 7日 08:57 | 返信

格闘界っていうけど確かにゴツい体つきしてるけど清原って強いのかな?

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。