>  > “別れても友だち”になれる人はサイコパス

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
ThinkstockPhotos-503196008.jpg
画像は、Thinkstockより

 恋が終わっても、相手のことを遠くから見守っていたいというのはよく聞く話だ。また、別れの言葉が「友だちでいよう」なら、傷ついたハートも少しは慰めになるかもしれない。だが、相手は本当に「友だちでいたい」のだろうか?


■腹黒い人ほど“別れても友だち”という関係を結びたがる

befriendswithex1.JPG
画像は「Medical Daily」の記事より

 医学情報サイト「Medical Daily」(5月13日付)によると“腹黒い”人ほど恋愛や結婚生活が終わったあとでも、元のパートナーと友人関係を保とうとするという。

 アメリカ・オークランド大学の精神科医、ジャスティン・モギルスキーとリサ・ウェリング博士は、医学情報サイト「Personality and Individual Differences」に最新の研究結果を発表した。それによると、博士らは被験者860人に対し、次のような質問をしたそうだ。

「パートナーとの関係終了後に、なぜ友だちでいようとするのか。その理由は?」

 回答の上位には「元パートナーを信頼、信用している」や「(未練を含む)センチメンタルな感情」からなど、わかりやすい理由が並んだが、第5位は「メリットがありそうだから」となっていた。つまり、なにかのときに「役に立つ」駒として使おうと、繋がりを絶たないでいるというのだ。具体的には、セックス、お金、情報を目的としている。

 ウェリング博士いわく「男性の場合、あわよくば再び性的な関係を結べるのではという動機が強い。それゆえ、男性のほうが“別れても友だち”という関係を結びたがる」らしい。また、女性の場合は、イケメン好きであればあるほど、このようなダークな側面を有していると研究結果から述べられている。

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。