>  > 韓国軍の内部崩壊が止まらない

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
関連キーワード:

日刊サイゾー

,

韓国

5flags.jpg
暴行の凶器になった「五方旗」(イメージ画像)

【日刊サイゾーより】

 自殺者が出るほど陰湿なイジメや暴行事件など、韓国軍の内部ではさまざまな問題が起きている。そんな中、6月1日、韓国陸軍副士官の夫人であり、巫女でもあるA(41)が、同じく軍人の夫を持つBさん(31)を監禁暴行した事件が明らかになり、韓国中で大きな波紋を呼んでいる。

 AとBさんは夫が軍人ということもあり、4月から同じアパートに暮らすうちに顔見知りとなった。ご近所同士として付き合っていたが、Bさんが「皮膚美容を習いたい」と話したことから、状況が一変。Aは皮膚美容技師のCを紹介して、「200万ウォン(約20万円)を支払えば、“クッ(巫女が行う祈祷)”をして、皮膚美容を教える」と持ち掛けたのだ。

 Bさんはその提案を断ったが、Aはあきらめなかった。彼女はCと共にBさんを自宅に招くと、三日三晩ぶっ通しで、執拗な強要を始めたのだ。それでもBさんが承諾しないと、なんと「クッをしないことで生じた損害、1,200万ウォン(約120万円)を弁償」と脅迫したという。
 
 それでも、Bさんは首を立てに振らなかった。そして、事件が起こる。

 Aは「悪霊を払う」と言って、巫女の道具である「五方旗」でBさんを殴りつけたり、首にひもをつけて引っ張っぱるなど、およそ14時間にわたる暴行を始めたのだ。命の危険を感じたBさんは、50万ウォン(約5万円)を支払うと約束したことで監禁が解かれるのだが、彼女は全治6週間のケガを負い、病院に搬送。こうして事件は明るみになった。ちなみに、AとCが「Bさんが勝手にやった自傷行為」だと犯行を認めなかったことで捜査は長引き、アパートのカメラ映像など証拠資料を整えて容疑が固まったのち、5月23日に逮捕されたそうだ。
 
 この際、問題になったのが現役副士官であるAの夫だ。事件は彼の家の中で起きていた以上、無関係を主張し続けることは難しい。「仕事で疲れて寝ていたので、気づかなかった」と話していたが、そんな言い分が通じるわけがなく、夫も特殊監禁致傷ほう助容疑で、軍憲兵隊に引き渡された。

関連キーワード

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。