>  >  > ESA「月面村」建設計画は成功する?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント1
関連キーワード:

フェリさん

,

宇宙人

,

月面村

1024px-Inflatable_habitat_s89_20084.jpg
画像は、「Wikipedia」より


■まずは月、そしてその先へ

 ここ数年、ESA欧州宇宙機関が2020年を目途に月に行き、2024年頃には長期滞在ができるほどの月面基地を建て、ビジネスや観光にも利用できる「村」をつくる計画を立てている。

 この計画は2015年12月15日にオランダのヌアービジークにある欧州宇宙科学技術センターで開かれた国際シンポジウムで詳細が発表されたものだ。このシンポジウムは、200人の科学者と専門家を集め、次の10年間の計画とミッションを議論するというものだ。

「Moon 2020-2030 – A New Era of Coordinated Human and Robotic Exploration」と題されたこのシンポジウムでは、NASA、ESA、Roscosmosとその他連邦政府関係機関の14人のメンバーで考案した宇宙探査のロードマップを元に、「どのように月に行くのか」「どう探査するのか」「将来この計画をどのように利用するか」「月は火星への踏み台である」など、さまざまな話が語られたという。特に、会議に参加していたESAの長官、ヤン・ヴォーナー氏も以前から“国際宇宙ステーションの後釜としての月面基地”に関心を示していたそうだ。

 すでにイギリスの製造会社『Monolite』は、月面基地建設のために砂状の素材を結合させる3DプリンタをESAに提供。これは、月面の資源と酸化マグネシウムを混合させたものを素材として、それに特殊な塩を結合させると石のような固体を造ることができるものだという。1時間に約3.5メートル造れるため、ひとつの基地を約1週間で完成させられる見込みだ。

関連キーワード

コメント

1:匿名2016年6月14日 06:07 | 返信

2024年って、結構すぐだな

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。