>  >  > もうすぐ「二つ目の太陽」が出現する? ベテルギウスの謎

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント8

ThinkstockPhotos-200329382-001.jpg

 地球から640光年離れたところにあるベテルギウスは、全天でも極めて巨大で9番目に明るく、さらに地球からも「赤く輝く星」として確認できる赤色巨星として有名である。太陽の10~20倍ほどの質量をもつこの星は、寿命を迎え爆発し、超新星となる際に、三日月ほどの明るさを地球まで放つそうだ。そして今、1千万年近く輝き続けたこの星が、まさに死にかけているという。

 ベテルギウスが超新星となった際、640光年という距離にもかかわらず、その明るさから少なくとも数週間ほどは地球の夜空にうっすらと輝き続けるとされている。つまり、地球に“ふたつめの月”が浮かぶ可能性があるということだ。物理学に詳しい人物はこう解説する。

月どころではありません。超新星爆発が起これば、昼間の地上からも目視できる可能性があります。つまり、期間限定ではありますが、ふたつめの太陽が出現する可能性があるということですね。とはいえ、たしかに明るい星にはなるようですが、太陽ほどの明るさはないとみられています。少なくともスターウォーズのルークが見るような2つの太陽にはならないでしょう」

 ではこの爆発は何か我々に危険を及ぼすのだろうか? 物理学に詳しい人物に聞いてみると、このような答えが返ってきた。

幸いなことに、地球はベテルギウスから640光年離れているため、爆発した際に発生する壊滅的な衝撃波や熱、放射線による影響はないといわれています。しかし、これがもし30光年圏内で起こった場合は、オゾン層は破壊され地球上に壊滅的な被害をもたらすことになっているでしょう。とはいえ、現在は太陽の1000倍の大きさにまで膨張しているというべテルギウスですから、想定されていないなんらかの影響はあるかもしれません。超新星爆発は本当にいつおきてもおかしくない状況だといわれているので、明日起きる可能性だってありますよ」

 ちなみにもしも、ベテルギウスが死なずに持ちこたえた場合、現在の4分の1ほどの質量が失われるとみられている。ではなぜベテルギウスの質量は失われるのか? そして失われた質量はどこへ行くのか? 実はその物理現象のプロセスは未解決分野なのである。

 米コロラド大学ボルダー校の天体物理学者で上級研究員のグラハム・ハーパーは「これは天体物理学上の大問題」だとして、研究を続けている。

関連キーワード

コメント

8:匿名 gaia2016年7月17日 19:27 | 返信


光子帯影響 (6) : 6. 太陽が 異常です
惑星の 運命は
恒星の (太陽)の 変化に よって その 運命が
決定なるのが 自然の 理です.

太陽の 変化は
惑星の 変化を 起こす 最も大きな 変数です.
太陽の 変化を 前提とする
終末論や 陰謀論も
太陽の 変化が 惑星に 及ぼす 影響が
それだけ 大きい ために 作られた もの です.

創造主が いる
パラダイス(paradise)から 来て いる 光子の 光は
太陽にも 変化を 持って 来る ことに なるはずです.
今この 時期は 太陽の 黒点周期が
極大に なる 時期も なく、
太陽の 活動は 弱まった 時期です
今 こんなに 平和な 時期に
太陽の 変化を 話を しながら
地球惑星の 急激な 自然変化を 言って
物質文明の崩壊と
地球の 次元上昇を 話して いる
ウデカチーム長の 言葉や 文字が 変に 聞こえて
3次元(現實)の 論理では
到底 納得でき ないの です.


空の ことは
その ことを 計画した 空だけが 知ることが できる 法
光子帯の 光は
地球と 太陽系に 2012年 12月 22日から
本格化し 始め、
地球で 光子の 光に よる
副作用防止の ために
宇宙 三位一体から
36つの 祝福の が
一ヶ月に 一つ 3年に わたって 入りました.
2015年 12月 22日を 基点に
この 36つの 光は 完全に
地区に 停泊なり、
すべての 意識が いる 生命体たちに
公平無私に 集積 なりました.

太陽も
光子帯の 光に 影響を 受け 始めて おり、太陽の 急激な 変化は
全ての 惑星の 急激な 変化を
招来しかねないため、
空が 定めた タイムラインに 合わせて
すべてが 調整されて 進行なる ことです.
地球レベル上昇に 焦点が 当てられた
この プロジェクトは
地球人類の 意識の 目覚めが あまりにも 遅く、レベル上昇を
準備しなければ ならない
光の 関係者らの 意識の 目覚めを 準備しなければ ならない
理由の ために
太陽の 急激な 変化を 防ぐために
太陽に 流入する 光子を 遮断する 保護膜が、天上政府に よって インストールされました.

光子隊と 関連した 保護膜 関連 チャンネルは
この 部分を 比喩的に 説明した もの であり
この 保護膜に よって
これまで 太陽は 静か、
地球で、急激な 変化も ありませんでした.
地球の 変化と レベル上昇に 関連された
数多くの チャネリング メッセージが
不発弾に なりました
その 時を 待って いる すべて の霊性人と 宗教人らが 終末論に 集中したり
いんちきに 集中したため、多くの 挫折を 経験しました.

これは その 時に なって
入夏(24節氣の 1つ)を 過ぎて
封印が 解かれように 時間が 経つにつれ
この 保護膜が 解除に なる 予定です
太陽が 光子の 影響を 直接 受ける ことになる はずであり
その 影響で 太陽は 活発に 活動を
開始することに なるはずであり
太陽の 変化は 惑星の 変化であり
アルマゲドンの 始まりで あり、
惑星は 人類が 一度も 経験しなかった 変化を 経験することに なる予定です.

あまりにも静かな 太陽を 見ながら
太陽と 関連された ニュースが 消えて 久しいの 今
太陽の 黒点周期が 最低起の この 時期に
あまりにも 平和な 太陽を 見ながら
地球の 物質文明の 終結を 話して
地球の レベル上昇を 話して
すべての 予言書や 経典で 言う その 時が
今と 述べて いる
光の 生命の 樹の ウデカチーム長が
終末論者のように 見えて
まやかしの ように 見える ものは
どうしたら 当たり 前な ことです.

誰が 何と 話しても
起こる 事は 起こる もの であり
誰が 信じていた
誰が信 じなかった 関係なく
空は 空の 方式通り
誰も 知らずに
誰も 知らずに
その 仕事を 進行するだろうし
そのまま 施行する ことです.

ウデカチーム長は
こんなに 聞き こんなに 見ました
この 文は 誰を 説得させようと する 文章では なく
その 時が 始まったと
その 時が 今と
時代から 縁がある
起きている 因子の ための ものです.

この 文章を 読む 者が
この 内容を 信じたのか
この 内容を 信じられない…
非難を して
非難を しなくて 各自の 役割で あり、
その 分別力も 各自の ものと なる ことです
記録の ために
ウデカチーム長は、この 文章を 残します.

そう なる だろう
そう なるの であり
その ように なりました

2016年 5月6日 未明 2時
ウデカ
http://udekalightjp.blogspot.kr/2016/07/6-6.html

7:匿名2016年7月12日 07:10 | 返信

ガス、ではなくプラズマが関与?

6:匿名2016年7月12日 07:08 | 返信

ガス、ではなくプラズマが関与?

5:匿名2016年6月11日 11:38 | 返信

640光年は切りのいい数字にしたのでしょうかね?

まあ信憑性があるかはわかりまんが。

642.22 ± 146.70光年
(197 ± 45パーセク

とwekipediaにあるので誤差の範囲では間違いではないでしょう。

ただこの情報も古いのかな
それに太陽の大きさ同様、星の大きさは毎日変動してるんで数値は毎秒ごとに変わるんじゃね?

4:匿名2016年6月10日 19:19 | 返信

640光年ってなってるんだけど⁉

3:匿名2016年6月10日 19:17 | 返信

超新星爆発時に発生するガンマ線バーストが地球に直撃する可能性は?

2:匿名2016年6月10日 12:56 | 返信

ベテルギウスさんまでの距離が、ほんのわずか少しだけ違ってますよ
6,419,358光年ほど遠く説明されております
正確な距離は約642光年ほどとなっております

物理に詳しい人物 と文中にありますが、記者の方は騙されていませんか?
たぶんその人物は「ヒャッハー 頭の悪い記者に嘘教えたら信じたぞ! ウヒョヒョーィ」とか思ってますよ
また記者が騙される前に、その人物とは縁を切るのが良いと考えます

情報発信源である記者を騙すと間違った情報しか伝わってこない
この物理に詳しい人物とやらは罰せられるべき
クビだクビだー

1:匿名2016年6月10日 12:37 | 返信

ペテルギウスまでの距離は640万光年ではなく640光年では?話が大分変わりますよ。

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。