• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
61KkPmZcXrL._SL1416_.jpg
画像は、『アンタッチャブル柴田の「ワロタwwww」超絶おもしろいのに全く知られてない芸人たち [DVD]』(アニプレックス)より

 6月7日発売の『週刊女性』(主婦と生活社)が、お笑いコンビ・アンタッチャブルの柴田英嗣が2015年5月に離婚していたこと、その原因は柴田の元妻・Aさんが元FUNKY MONKEY BABYSリーダー・ファンキー加藤と“W不倫”していたことだったなどと報道。同日中にそれぞれ都内で会見を開いた加藤や柴田のコメント、そして2人の芸能人を落としたAさんへの注目が高まっている。

 同誌によれば、加藤とAさんは約1年半前の飲み会で出会ったとのこと。加藤はAさんが既婚者で2児の母親であることを知らずに声を掛け、関係を持ったが、Aさんはこの不倫をきっかけに柴田と離婚。その4カ月後の15年9月にAさんの妊娠が発覚し、加藤とAさん、そして柴田の3人で話し合いの場がもたれた時、加藤ははじめてAさんの元夫が柴田であることを知ったという。

 そんな加藤も、13年に元マネージャーの一般女性との結婚を発表し、15年2月には第1子となる男児も誕生。加藤は今回のことで妻とは離婚しないが、Aさんの子どもはすでに認知しており、養育費の話し合いも進められていると伝えられていた。加藤は報道当日、都内で会見を開いて「記事に書かれていることはすべて事実」と認め、「一生をかけて償っていこうと思っています」と話した。

 一方、柴田も同日取材に応じ、友人だった加藤が元妻の不倫相手と知った時は驚いたと振り返りつつ、何も知らなかった加藤を思いやる場面も。柴田自身も以前女性トラブルで活動自粛していた期間があり、Aさんに離婚を切り出された時も「自分が悪かったのかな」と思っていたことを明らかにした。

 それにしても、芸能人の夫を持ちながら人気アーティストも落としたAさんとは、一体どのような女性なのだろうか? 記事では、離婚した後も柴田に子どもを預けては、加藤のライブに参加していたと報じられている。

彼女は元ダンサーで、関係者の間では芸人のおっかけとして知られていましたよ

 そう語るのは、Aさんと面識があるお笑い関係者。

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。