>  >  > 【閲覧注意】世界で最も恐ろしい10の病

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント2

※衝撃的な画像を掲載しています。苦手な方はTOPにお戻りください。

1606_disease_01.jpg
画像は、Internet Archive Book Images / Image from page 519 of "A treatise on the nervous diseases of children, for physicians and students" (1905)(from Flickr, CC BY 2.0)

 癌に侵されて闘病生活を続ける芸能人のニュースが話題になっているが、さまざまな病と向き合いながら生活している人は多い。病気は、いつ我が身に降りかかるかわからない。細菌への感染によって発病することもあれば、先天性のものもある。今回は、数ある病気のなかでも“最も恐ろしい10の病気”を見ていこう。


■マズラ菌症

1606_disease_02.jpg
画像は、「Metro」より

 恐ろしい感染症・マズラ菌症患者の多くは、アフリカやインド、アメリカに見られる。見た目とは裏腹に痛みが伴わないため、病院に行かない人が多いようだ。しかし、完治するまでには10年以上かかることもあるほどの難病。放置し続けると四肢の切断を余儀なくされるか、細菌性重複感染や敗血症が原因で死亡してしまう。


■水癌

1606_disease_03.jpg
画像は、「Metro」より

 水癌は化膿菌と腐敗菌との混合感染によって起こる重症の口内炎だ。重度の栄養失調に苦しむ貧しい地域で見られ、6歳未満の子どもが発症しやすい。水癌は口や性器を急速に破壊してしまう感染症だが、近年の発症は稀だという。

コメント

2:匿名2017年3月14日 09:44 | 返信

狂犬病がないとか

1:匿名2016年6月14日 06:00 | 返信

「パイカ症候群」が気になる

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。

18歳未満閲覧禁止

ここから先のコンテンツには、過激でグロテスクな表現と画像が含まれます。そういったものが苦手な方は、強い精神的不快感を覚える可能性があるため閲覧はお控えください。また、18歳未満の方の閲覧を禁止いたします。閲覧される方は必ず各自の責任を持ってご覧下さい。

閲覧しますか?