>  >  レイプ神話、サイコパス、オカルトについて犯罪心理学者が語る!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
関連キーワード:

出口保行

,

白神じゅりこ

ThinkstockPhotos-99359512.jpg
画像は、Thinkstockより

【東京未来大学こども心理学部長・犯罪心理学者・出口保行教授インタビューシリーズ第3回】

【第1回はコチラ
【第2回はコチラ
【第3回はコチラ

 東京未来大学こども心理学部長・犯罪心理学者・出口保行教授シリーズもこれで最後。今回は、トカナならではの質問を投げかけていく。


■日本にサイコパスはいるのか?

――どうやっても更生できない人たちとは、いわゆるサイコパスでしょうか?

出口「私から見て、ほとんどの犯罪者はサイコパスではないですね。それに、サイコパスなんて、ほぼいないです」

――サイコパスなどいないと?

出口「いますよ。だけど、犯罪者のなかに多い存在ではない。非常にまれな例です」

――私、サイコパステストでサイコパスと診断されたんですよ!

出口「自己診断なんてしたら、みんないくつ病気を持っているかわかりません。そんなものなんですよ。DSMというアメリカ精神医学会で作られた国際的な『心の病の診断基準』があるのですが、それをちゃんと資格を持っている人が判断するなら正確かもしれませんが、自分でチェックしたって無駄です。『周りの10人のうち3人がサイコパス』みたいな結果になりかねないですから」

――最近は、更生しない犯罪者は脳に異常があるからという説もあり、脳に電気信号を送って治すなど、更生に最新のテクノロジーを使う方法があると聞きましたが?

出口「昔から、そういうことはよくやっていますよね。でも。それが実証的にこうやったら絶対に良くなりますと証明されていませんからね」

――「佐世保女子高生殺害事件」、「老女惨殺名古屋女子大生事件」の容疑者は、サイコパスだと言われていますが、先生から見るとそうではない?

出口「サイコパスとは思わないです。この子たちも極端に自尊心が低いことの現れだと思う。サイコパスという言葉自体が簡単に一人歩きすることが、とんでもない時代ですよね。『サイコパスのことをちゃんと知っているんですか?』って思います」

――じゃあ、どうやっても更生できない人というのは極端に自尊心が持てない人だということですか? それとも、環境によるものとか……?

出口「そうですね、環境は、とても大きいです。先々に少しでも光が持てるような環境であれば、自分が変わることによって何とかなると思えるからいいんです。だけど、恵まれていなくて希望がまったく持てない場合もありますからね。ただ、ひどい家庭環境はいくらでもあるけれど、全員犯罪者になっているわけではありません。ひどくてもそれをバネにしている人たちはたくさんいる。それをどう受け入れられるのかの問題で、本人が受け入れられなければやっぱりダメなんですよ」

――うーん、でもサイコパスが気になります。

出口「タイプはあるけれど、そんなに多くはありません。私が勤務した宮城刑務所なんて日本の重大犯罪者だけ集めている刑務所で、入っているのは殺人や無期懲役ばかり。じゃあそういう所にいるのはサイコパスだらけかというと、そんなことはないんです。とにかくサイコパスの頻度は高くないと思います」

――まれに現れるサイコパスについてお伺いしたいのですが……。

出口日本ではあまりいないんじゃないかな。少なくとも出会ったことはない

――日本では出会ったことがないということは、海外にいるシリアルキラーとかがサイコパスなんでしょうか?

出口「……という風に言われていますよね。しかし、自分が面接したわけでもテストしたわけでもないので何とも言えない。特徴的にはたぶん、そうかもしれません。だけど、分析してからでないと、何とも言えませんね」

関連キーワード

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。