>  > 超有名特撮俳優が体当たりでサイコパスの演技に挑んだ封印された怪作とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント1

――絶滅映像作品の収集に命を懸ける男・天野ミチヒロが、ツッコミどころ満載の封印映画をメッタ斬り!

今回の映画:『処女監禁』
1977年/日本

0623shojokankin_01.jpg
※イメージ画像:『処女監禁【VHS】』

 ここ数年、低年齢少女の誘拐・監禁事件が異様に多く発生している。まもなく夏休み。対岸の火事ではないことを自覚し、親御さんには危機感を持ち、子どもたちを守って欲しいものだ。ということで今回、かつて子どもたちの間で絶大な人気を博した特撮ヒーローの主人公役が、若い女性を拉致監禁する異常者を演じたDVD未発売の知られざる傑作を紹介しよう。

 ドジばかりで先輩に叱られる毎日を送る、冴えないカメラマン助手の西村政男(27才)。ある日、政男は銀行員・山岸京子(21才)に一目惚れする。そして、彼女を尾行し、住居を突き止め、彼女のアパートの向かいにあった使用していない写真スタジオに移り住んだ…

 この行動迅速なストーカーを演じたのは、1972年に石ノ森章太郎の原作漫画を実写化した『人造人間キカイダー』の主人公・ジロー役で子ども達に絶大な人気を博した伴直弥(現・伴大介)。伴はその後も続編の『キカイダー01』や『イナズマン』シリーズなど、1977年まで途切れなく特撮ヒーロー番組に出続けた。のちに映画『リング』シリーズで貞子の父親・伊熊平八郎役としても存在感を示している。

■サイコパス・政男

 まず、伴演じる政男はスタジオの換気扇を外して一眼レフを三脚にセット。京子の部屋をカメラのファインダー越しに覗くことを日課とする日々が始まる。スタジオの壁には、登山・野球・アーチェリーとスポーツに勤しむ自分の写真パネルが並び、そのすべてに有名人風に書き崩した自分のサインが入っている(サイコパスな匂いがプンプン)。

 ある時、政男は京子の乳輪にふたつのホクロを発見。すると、壁に貼ってある京子の等身大イラストの同じ部位にキュキュッとマジックでホクロを描き込みニヤリ。さらに隣の白紙スペースには「10月15日午後9時11分銭湯、午後10時10分就寝」などと、1日の京子の行動がびっしりと克明に記録されている。「恥毛がまぶしい。思わずコンドームを付けてマスターベーション、快感にふるえる」なんてクソな書き込みも、一級の変態野郎だ。

 ある日、京子の部屋のカーテンが閉まっていて、窓の外では文鳥のゲージが雨に晒されていた。政男が京子の帰宅を待ちわびていると彼女が中年男と帰宅するのを目撃、さらにふたりは早々にエッチを始める!! これにショックを受けた政男は、京子のイラストから5メートルほど離れた所に全裸で立ちシコシコ始めたかと思うと、「京子~!」と叫びイラストへダッシュして「バン!」と体の前面で体当たり。そのままイラストに股間を擦りつけて果てる。

コメント

1:匿名2016年7月24日 16:25 | 返信

「激しく身悶えする京子の体の上で「よっ、はっ」とバランスを取ってしがみついている文鳥」
このくだりに笑ってしまった。

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。

18歳未満閲覧禁止

ここから先のコンテンツには、過激でグロテスクな表現と画像が含まれます。そういったものが苦手な方は、強い精神的不快感を覚える可能性があるため閲覧はお控えください。また、18歳未満の方の閲覧を禁止いたします。閲覧される方は必ず各自の責任を持ってご覧下さい。

閲覧しますか?