>  > ユダヤ人がスプーンで掘った脱出トンネルが発見される

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0

 ホロコーストの犠牲者は600万人ともそれ以上とも言われているが、全貌はまだ明らかにされていない。大量虐殺に関する多くの資料や証拠が、敗戦を察知したナチス・ドイツによって、破棄されたためだ。そのため、犠牲者の正確な人数をはじめ、虐殺が行われた場所や方法など、未解明の点が多い。杉原地畝や近衛秀麿、シンドラーらによって、ガス室送りを免れた犠牲者がいた一方、明日死ぬかもしれない極限の状況下で、自ら希望を見出す人々もいた。


■同胞の死体を焼く

 第2次大戦中、ナチス・ドイツによって捕えられていたリトアニア系ユダヤ人が、「スプーン」で地下トンネルを掘り、収容所からの脱走に成功していたと、6月29日付の「Daily Mail」は報じている。

 この地下トンネルは、特に激しいホロコーストが行われていた地域の1つであるリトアニアのポナリ(現パネレイ)で見つかった。ポナリは、森に囲まれたのどかな地域であるが、第2次大戦中にはナチスによって、ユダヤ人7万人を含めた10万人が、その森の中で虐殺された過去がある。

jewstunnel_03.jpg
画像は「Daily Mail」より引用

 1943年、ソビエトの進行におびえたナチスは、ポーランド・シュトゥットホーフ強制収容所から連行されたユダヤ人収容者からなる「焼却隊」を結成、虐殺の事実を隠蔽しようと画策した。

 酷い話であるが、ユダヤ人収容者らは、虐殺された同胞の遺体を掘り起こし、焼却処分するよう命じられたそうだ。このおぞましい強制労働は数ヵ月にわたって続いたという。徐々に焼却すべき遺体が少なくなっていくにつれ、収容者たちは「次は自分たちの番だ」と恐怖するようになっていったそうだ。

jewstunnel_06.jpg
画像は「Wikipedia」より引用

関連キーワード

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。