>  > 【衝撃】本当にエルヴィス・プレスリーは生きていた!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント1

 繰り返されるキングの生存説。この場合の「キング」とは、もちろんエルヴィス・プレスリーのことだ。1977年8月16日に42歳の若さで急逝した、偉大なるキング・オブ・ロックンロール。だが、死因を「処方薬のオーバードーズによる心臓まひ」とだけ発表して密葬となったことから、もしかするとどこかで生きているのではという陰謀説も囁かれている。そして40年近くが過ぎた今、驚くべきことに「エルヴィスは死んではいない」という有力な目撃証拠が出てきたのだ。


■81歳のエルヴィスが撮影される!?

elvisnotdead1.JPG
Express」の記事より

 英紙「Express」(6月29日付)によれば、今回浮上したエルヴィスは、なんとグレイスランド(Graceland)の管理人というから、灯台下暗しとはこのことだろう。ちなみに、グレイスランドとはアメリカ・テネシー州メンフィスにあるエルヴィスの邸宅を含む5.6ヘクタールの広大な敷地を指す。現在は、屋敷の一部をエルヴィスの博物館として一般公開しており、彼の命日には世界中からファンが集う「聖地」となっている。

 そんなグレイスランドで、今年の6月1日に驚きの映像がスクープされた。そこに映っているのは、敷地の管理人らしきポニーテイルの白髪の老人だが、よく見ると誰かに似ている。口元をキュッとむすび、鼻筋の通っているところや、歩き方など――生きているなら81歳になっている「彼」に酷似しているのだ。YouTuberのThe Shadowが公開して以来、すでに再生回数は150万回に達する勢いだ。

エルヴィスの現在の姿!? 動画は「The Shadow」より


コメント

1:匿名2016年7月 5日 14:28 | 返信

そっくりさんのトロビス・ウレスリーさんだね

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。