>  >  > 【閲覧注意】12歳少女は強姦され、ジリジリと焼かれた

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント3
関連キーワード:

タイ

,

レイプ

,

強姦

,

高田胤臣

※2頁目に衝撃的な画を掲載しています。苦手な方は文章のみご覧ください。

――タイ在住歴15年以上のライターが届ける「タイの悲惨な現場」

 タイの殺人事件は2015年の認知件数で2315件だった。同年の日本では933件で、人口はタイが日本のほぼ半数であることを考慮すると、タイの治安は相当悪いと言える。外国人が巻き込まれる事件はそれほど多くないので、観光で短期滞在するくらいでは治安の悪さを実感する機会はほとんどないが、タイ国内ではたくさんの悲惨な事件が起こっている。


■空き地に捨てられた焦げた少女の死体

 タイには公共の救急車があるにはあるが、台数が少ない。1県に数台というレベルで、到底県全体をカバーできるものではない。そもそもタイは100年以上前から華僑の慈善団体が救急救命活動を担っている。タイ政府はそれに甘えていたのか、1993年になってやっと日本の技術提供を受けて救急救命に乗り出したくらいで、慈善団体の方が歴史が長い

 タイ全土で数十ものグループがあるが、最大かつ最古の団体は「華僑報徳善堂」(以下報徳堂)である。この団体に同行取材をしたその夜、警察無線で事件発生の知らせがあり現場に急行した。場所はバンコクと隣県サムットプラカン県の境にある空き地だった。深夜3時を回っており、その空き地周辺は街灯もなく真っ暗な闇に包まれていた。

 現場にはすでにほかの報徳堂の隊員たちが駆けつけていた。報徳堂とて正規職員だけでは全地域をカバーできない。そのため、大半がボランティア隊員となっている。制服や無線機、救急救命用品だけでなく、救急車まで自前で揃えている。現場に集まっていたのは紺色の制服姿のであるボランティアたちで、彼らが囲っている中心に、彼女がいた。ボランティアたちの周辺には異臭が漂っている。横たわる12歳の少女は強姦されたあとに焼かれた。異臭は少女の皮膚と脂肪が焼けた臭いだった。

 死体の臭いはよく服に付くと言うが、本当なのだろうか。筆者自身の経験では服に付くのではなく、記憶に残るのではないかと思う。その日から数日間、焼かれた人体の臭いが不意に鼻を突いてきた

 少女の死体は焼け焦げているが、それは表面だけに見えた。きつく焼かれると筋肉が収縮してボクサー状の姿になるものだが、その収縮はほとんどなく、炭化している部分もなかった。翌朝、犯人とされる男がふたり逮捕された。30代のタイ人だったが、さらにその翌日には証拠不十分で釈放されてしまう。以降はその事件に関する一報はなく、この事件がどうなったのかわかっていない。
(文=高田胤臣)

・タイの不思議シリーズはコチラ

関連キーワード

コメント

3:匿名2016年7月10日 22:09 | 返信

ホント、前世って何だよ?
そんなもん無ぇわ。
それより、犯人が“現世”で報いを受けねぇとな。

2:匿名2016年7月 6日 09:27 | 返信

前世とか関係ない。そんなこと言ってたら生後間もなく死ぬ新生児は生まれることすらダメだったのに転生したことになる。そんな馬鹿な話があってたまるか。

1:匿名2016年7月 6日 00:08 | 返信

前世、どんなことしたんだろうね。

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。

18歳未満閲覧禁止

ここから先のコンテンツには、過激でグロテスクな表現と画像が含まれます。そういったものが苦手な方は、強い精神的不快感を覚える可能性があるため閲覧はお控えください。また、18歳未満の方の閲覧を禁止いたします。閲覧される方は必ず各自の責任を持ってご覧下さい。

閲覧しますか?