>  > 「悪魔憑きと精神疾患は違う」 精神科医が語った
エクソシスト, 悪魔, 精神病, 空中浮揚

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント3
関連キーワード:

エクソシスト

,

悪魔

 「悪魔祓い」は、世界各地で盛んに行われているが、医学的にみると、悪魔に憑かれたとされる人々は「精神病者」であり、悪魔祓いはその「治療」であるとみなされている。ゆえに「悪魔憑き」は、シャーマンやエクソシストの助けがなくとも、精神科医が適切に処置を施せば回復する「病気」だとされてしまうのだ。

 しかし、アメリカ・ニューヨーク医科大学の精神科医リチャード・ギャラガー博士によると、「悪魔憑き」には科学的に説明の出来ない点がいくつかあるという。

possessed_01.jpg
画像は「Mysterious Universe」より引用


■科学では説明できない現象

 教授の「エクソシズム」との付き合いは、80年代後半、「魔女であり、サタンの女王である」と称する“悪魔に取り憑かれた”一人の女性に会ったことから始まったそうだ。教授は最初、“科学者”として「エクソシズム」に懐疑的であったが、この女性が次々と不思議な能力を発揮するにつれ、科学では説明し尽くせない何かがあると思うようになっていったという。

「彼女の行動は私の知識を超えていました。彼女は、人々の隠された弱点――たとえば自信過剰であるなど――を言い当てることができましたし、彼女が知るはずもない人々が死んでいることも知っていました。その中には、私の母のこと、そして母が末期の卵巣がんであったことも含まれていました」

 さらにこの女性は、全く知るはずのないラテン語など数ヶ国語を操ることもできたそうである。「それは、精神病などではなく、“超能力”としか表現しようのないものでした」と教授は語っている。


■「悪魔憑き」の見分け方

 にわには信じがたい話であるが、精神科医として正式な訓練を受けた者でも、理解の及ばない現象があることは確かだろう。では、どのような点が通常の精神病と違うのだろうか? 教授は、25年にわたる研究によって、「悪魔憑き」に特有の徴候をいくつか発見したという。詳細をみていこう。

関連キーワード

コメント

3:匿名2016年10月17日 13:35 | 返信

悪魔がラテン語を話すなら
ラテン人は 悪魔の子孫なのか?

知らないはずの言語を話せる
転生のほうが しっくりくるな

2:匿名2016年7月10日 09:30 | 返信

はぁ⁉︎悪魔ぁ⁉︎て地域では完全に精神疾患として隔離されて終わりなんじゃないの?まぁ基本的に取り憑かれたという人は精神疾患だし。

1:匿名2016年7月 7日 09:11 | 返信

特定の地域でしか憑かれないってのが悪魔憑きを信用できない理由だなぁ。
天使とか悪魔って一応世界共通だよね?
ほとんどの「はぁ?悪魔?www」みたいな国には出てこないし、解離性+思い込みのパターンが多そうな気がするけど。
まぁでもオバケ的な不可思議現象と考えたらありえなくもないのかな。

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。