>  >  > 【超・閲覧注意】死んだ妊婦から子宮と胎児を摘出

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント3
関連キーワード:

妊婦

,

妖怪

,

山下史郎

,

産女

,

病理医

,

胎児

※2頁目に衝撃的な動画を掲載しています。苦手な方は文章のみご覧ください。

1606_shindaninpu_01.jpg
画像は、Internet Archive Book Images / Image from page 218 of "An American text-book of obstetrics. For practitioners and students" (1897)(from Flickr, CC BY 2.0)

 厚生労働省が発表したデータによると、日本の妊産婦死亡率は出生数10万件あたりで3.5人と、世界でももっとも低いレベルにある。しかし、世界全体のデータを見れば「1分に1人」という割合で妊婦が死亡する現実があるといわれている。

 先月30日、 現実に起きた事故や事件を扱う海外ニュースサイト「Best Gore」に、死んだ妊婦から胎児を摘出する動画が公開された。どこの国で撮影されたものか、妊婦の死因などの詳しい背景はわかっていないが、首にアザのようなものがあることから、絞殺されたか自殺によって死亡したのでは、と「Best Gore」は推測する。

 公開された動画には、女性の腹から子宮を取り出し、さらにその子宮を切り開くと羊水とともに胎児が摘出されるようすが収められている。胎児の大きさは15センチほどだろうか。まだまだ小さいものの、はっきりとヒトだと認識できるまで成長している。

 この解剖を行っているのは“病理医”と呼ばれる人たちだ。彼らが行う解剖は、亡くなった人の死因、病態などを検証して今後の医療に生かす目的で行われる。極めて重要度の高い仕事であり、最近ではドラマや映画などで取り上げられ知っているという読者も少なくないだろう。しかし患者と接する機会はあまりなく、実際に出会ったことがある人は少ない職業でもある。動画には、子宮の大きさや胎児の大きさを測るようすも収められている。

 出産前に命を落としてしまった今回の女性だが、日本には“産女”(うぶめ)と呼ばれる妊婦の妖怪がいる。死んだ妊婦をそのまま埋葬すると産女になると伝えられており、腹を切り裂いて胎児を取り出し、母親に抱かせるなどしてから葬るべきだと考えられているのだ。今回の母親も、せめて愛しき我が子と一緒にお墓に入ることができればよいのだが……。
(文=山下史郎)

※次頁に衝撃的な動画を掲載しています。苦手な方はTOPにお戻りください。

関連キーワード

コメント

3:匿名2016年7月15日 15:43 | 返信

首吊り自殺っぽい

2:匿名2016年7月14日 22:42 | 返信

絞殺体かな?
脂肪って本当に真っ黄色なんだな。

1:匿名2016年7月14日 22:03 | 返信

思ったよりグロくなかった

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。

18歳未満閲覧禁止

ここから先のコンテンツには、過激でグロテスクな表現と画像が含まれます。そういったものが苦手な方は、強い精神的不快感を覚える可能性があるため閲覧はお控えください。また、18歳未満の方の閲覧を禁止いたします。閲覧される方は必ず各自の責任を持ってご覧下さい。

閲覧しますか?