>  >  > 実娘2人を24年間で18回妊娠させた近親相姦事件

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント2
関連キーワード:

レイプ

,

妊娠

,

姉妹

,

少女

,

虐待

,

近親相姦

BritishFritzl.jpg
イメージ画像:「Thinkstock」より

 2008年、オーストリアで実の娘を24年間も地下室に監禁し、犯し続けて7人もの子どもを産ませた性的虐待事件が発覚した。犯人である父親の名前から、その事件はヨーゼフ・フリッツル事件として欧州全域の注目を集めると同時に、「娘を犯す」という絶対的タブーに人々は嫌悪感を露わにした。フリッツルは「怪物」と呼ばれて非難の的となったのだが、同様の「怪物」が今度は場所を変え、イギリスにも現れた。

「なぜこんなことが我が国で」――。イギリスで起きた新しい「怪物」の事件は、近親相姦が対岸の火事ではないことを、今さらながらイギリス国民に知らしめることとなった。「40年間、さまざまな事件を扱ってきたが、これはその中でも最悪のケースだ」とベテラン裁判官を憤らせたこの事件の真相とは、一体どのようなものだったのだろうか。なお、この「怪物」の実名は被害者の個人情報保護のため、公開されていないことをご了承いただきたい。


■実娘2人を18回妊娠させた「怪物」

BritishFritzl_5.jpg
画像は「INDEPENDENT」より引用

 1981年、とある姉妹は悩んでいた。「パパが体を撫でまわす――」。父親の娘に対する愛情表現とは明らかに異なる接し方に、戸惑いを感じ始めた幼少期。性的な知識などほどんどないこの時期、後の2人の運命を決定づける事件が姉の身に起きた。わずか10歳にして、父親に処女を奪われたのである。やがて、妹も同じく父親の毒牙にかかった。

 虐待が始まった頃、2人は毎日のように父親の相手をさせられた。次第に抵抗を試みるようにもなったが、父親には殴る・蹴るでねじ伏せられた。時には、ガスバーナーの火で顔や腕を焼かれることもあったという。

 やがて姉妹は、妊娠可能な年齢に達し、実父の子どもを繰り返し身ごもるように。1,000回以上の強姦があったと推定されるが、2人合わせた妊娠回数は18回。その上、父親の子を7人産んでいる。妊娠中でも父親からの暴力が収まることはなく、姉が14歳で妊娠した時には流産させようと、腹に全力でひじ打ちを食らわせたこともあったという。唯一の救いであるはずの母親から「誰の子を妊娠したの?」と聞かれても、姉妹は「近所の男の子」と答えた。あまりにも惨い事実を口に出せなかったのだ。後にこの母親も夫からのひどい虐待から逃げるように家を出ており、姉妹は誰にも頼ることができなくなった。

関連キーワード

コメント

2:匿名2016年7月 8日 06:38 | 返信

この男にとって娘2人が40近くなっても、姉妹の子どもに行かなかったって事は、若ければ誰でもいいって感じじゃ無くて、娘とってのが大事やったんかな?
ロリコンじゃなくても、近親相姦ってだけでひくけど

1:匿名2016年7月 7日 21:50 | 返信

脳になんらかの障害があるらしいね。
たいがい。

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。

18歳未満閲覧禁止

ここから先のコンテンツには、過激でグロテスクな表現と画像が含まれます。そういったものが苦手な方は、強い精神的不快感を覚える可能性があるため閲覧はお控えください。また、18歳未満の方の閲覧を禁止いたします。閲覧される方は必ず各自の責任を持ってご覧下さい。

閲覧しますか?