>  >  > 【近親相姦】実娘とW不倫した父親! 愛欲の果てに

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
関連キーワード:

W不倫

,

セックス

,

,

愛撫

,

結婚

,

近親相姦

 世界にほんのわずかしか存在しない、超富裕層。そんな大富豪に属する男の真の欲望とは、やはり金儲けなのだろうか。もしかしたら財産を築くこと以上に、「何かを思いのままにしたい」という強烈な支配欲があるのかもしれない――。

McMahan.jpg
リンダとブルース 画像は「THAT VIRAL FEED」より引用

■全米有数の資産家と、父を探し求めるリンダの出会い

 自身が経営するヘッジファンドが大成功し、全米有数の資産家となった投資家、ブルース・マクマハン。彼は50代に差し掛かった1980年後半に、ある女と出会ったことで、その支配欲を猛烈に掻き立てられることとなった。その女性とは、自分の実の娘、リンダだ。

 1980年代のブルースは、すでに3度の結婚を経験していた。彼に言い寄ってくる女は数知れずだ。その中で結婚した女もいれば、短期間で終わった女もいた。リンダはその「短期間」で終わった女との間にできた娘だ。

McMahan_2.jpg
リンダとブルース 画像は「The Village Voice」より引用

 1987年、リンダは母親のマイラと実の父親を捜していた。そしてようやく父、ブルース・マクマハンを見つけ出し、会うことを熱望していたが、ブルースから返ってきた言葉は「本当に俺の子なのか?」だったという。今や大資産家となった彼には、そういった話が次々とくるのだろう。

 しかし、ここから予想外の展開が始まる。DNA鑑定の結果は「親子の確立は99.7%」。ブルースは、リンダが実の娘とわかるや否や、大喜びしたという。最初は疑ったにもかかわらず、DNA鑑定後は随分と対応が違うが、それはリンダがその当時、21歳の若くて魅力的な女だったからに違いない。美しい金髪と、賢そうな顔だちは、父ブルースによく似ている。成功した男には自信家が多いものだが、ブルースもその1人。「お前は私を最高にセクシーにしたバージョンだな」とリンダを誉めていた。そんな「自分史上最高な女」を手放すわけにはいかない。ブルースは今までの妻たちとの子どもと同様、自分の家に新しい家族としてリンダを迎え入れた。リンダの新しい新居は、全米の金持ちが住みたいと願うという、コネチカット州グリニッジの豪邸。


■父親の猛烈な口説きに、ついにリンダは……

 他人がこの時のリンダを見たら、一体なんと言うだろう。「富豪のマクマハン家の娘になる? ちょっと意味は違うけど、玉の輿にのったようなものじゃない!」と驚くに違いない。

 だが本当に驚くべき点は、実際にリンダが本来の意味での玉の輿になってしまったということだ。そう、彼女は数年後、実の父ブルースと結婚式をひっそりと挙げるのだ。父ブルースは「私とお前は前世、夫婦だったに違いない」とリンダを口説いたという。リンダを妻にしたかったのだ。

関連キーワード

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。

18歳未満閲覧禁止

ここから先のコンテンツには、過激でグロテスクな表現と画像が含まれます。そういったものが苦手な方は、強い精神的不快感を覚える可能性があるため閲覧はお控えください。また、18歳未満の方の閲覧を禁止いたします。閲覧される方は必ず各自の責任を持ってご覧下さい。

閲覧しますか?