>  >  > アルゼンチンで複数の住民が宇宙人と遭遇、証言一致!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント1
関連キーワード:

Forest

,

UFO

,

エイリアン

,

宇宙人

,

着陸

,

船外活動

 南米アルゼンチンで、市街地にUFOが着陸する珍事が発生!? 現地メディアが報じた、驚くべき事件の一部始終――。


■UFOの乗組員に対面

 地球外生命体への関心とあこがれが高まりをみせる昨今。夜空に現れるUFOとの遭遇を伝えるニュースは決して珍しくはないが、その乗組員、すなわち宇宙人にまで対面したとなると、これは非常に珍しい。

 先月20日、UFOから降り立った生身のエイリアンが、南米・アルゼンチン共和国で目撃された。その衝撃的な現場に立ち会ったのは、国土の最南端に位置するサンタクルス州、エルドラド地区の住人たちである。

ufolandedinargentina1.JPG
UFO着陸地点を指し示す地元住民 「Mirror」の記事より

 最終的に彼らが目撃することになったのは、木によじ登る見慣れない生き物の姿であった。現地メディアは、事件当日の様子を伝える、複数の証言を紹介している。


■騒音を伴って着陸後、現れた奇怪な生物

 はじめに、UFOを目撃したと証言したのは、学校から帰宅中であった3人の学生たちだ。彼らは夜空に輝いている発光体を見つけて、撮影を試みたという。また、ある女性は、UFOが着陸する瞬間を目撃した。

ufolandedinargentina2.JPG
画像は「YouTube」より

「光はまっすぐに降下してきて、木の陰に消えたのです。光は、向こう側にある家に入っていったようです」

 UFOの着陸と前後して、周囲には原因不明の騒音が響いた。その音について、別の女性が証言している。

「とても大きな音が聞こえました。あらゆる種類の音が出ていたようです。それを録音することはできませんでしたが、ふとした拍子に、騒音はぱったりと止みました。一体何が起こったのか、私にはよくわかりません」

 このとき、時刻は午後10時を回っていた。着陸したUFOからは、背が低く、全身がネバネバとしている、長い指をもつ奇怪な生物が現れたという。さらに別の女性が、その様子をつぶさに語っている。

「その生き物は、腕を伸ばして木に登りました。けれども、近所の人たちがみんな出てきたときには、もう何も見つかりませんでした」

関連キーワード

UFO

コメント

1:匿名2016年7月 8日 11:59 | 返信

証拠の画像や音声がないあたり、集団ヒステリーも考えられる。
夢のない考えだけれど

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。