• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0

 テネシー・ウイスキーの有名ブランドである「ジャック・ダニエル」社は、今年で創立150周年になる。「ジャック・ダニエル」は、このウイスキー・メーカーの創始者だという事は広く知られている。そして会社HPにも掲載されている公式ストーリーでは、このウイスキーのレシピは蒸留所のオーナーだったダン・コールという牧師が、若きジャック・ダニエルに教えたことになっている。

 しかし実はこの公式ストーリーには隠された事実があることが、最近明らかにされた。レシピをジャック・ダニエルに教えたのはコールではなく、黒人奴隷のニアリス・グリーンだったのだ。創立150年の今年、ジャック・ダニエル社はこの事実を公に認めた。

slavetaughtjackdaniels1.JPG
奴隷であったグリーンの息子(赤丸、左)とその隣に座るジャック・ダニエル(赤丸、右)。グリーンの息子は父親からウイスキー作りの技術を教えられていた。またこの時代に黒人奴隷が創業者の隣りに座る事は珍しく、たいがいは最後列であった。 「Daily Mail」の記事より

■炭によって不純物を除去する技術が奴隷を通じてもたらされた

slavetaughtjackdaniels2.JPG
 「Telegraph」の記事より

 米国では1640年度から1865年まで奴隷制度は合法化されており、アフリカ人とその子孫が白人に所有されていた。しかし、その悪名高い奴隷制度も1865年の米国合衆国憲法修正第13条成立によって終わりを迎えた。

 この事実は長い間、世間から隠されてきたが1967年に書かれたジャック・ダニエルの伝記には、「アンクル・ニアリス(グリーンのあだ名)は私が知る中で最も優れたウイスキー作りだ」と言うコールの発言が記載されている。

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。