>  >  > 関係者語る、指原莉乃の根回しが完璧すぎる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント3
関連キーワード:

AKB48

,

指原莉乃

sashihara0605.jpg
画像は、指原莉乃写真集 猫に負けた/光文社 

 AKB48グループは、本格的に“恋愛解禁”したようだ。ここ2~3年で、人気メンバーのスキャンダルが連発したことで「恋愛禁止条例」は形骸化。そしてこの6月に開催された「第8回選抜総選挙」でHKT48指原莉乃が断トツのトップに立ったことが、「恋愛禁止条例」を守り続けてきたわずかなメンバー達にトドメを刺してしまった。多くのレギュラー番組を持ち、出演する度に赤裸々な恋愛トークやスキャンダルネタで笑いを取る指原の姿は、“恋愛解禁”の象徴になっているのだという。

「2年前、昨年九州ローカルで放送された『HKT48のごぼてん!』で、指原がHKT48宮脇咲良とトークしています。清純派の宮脇が『AKB48グループって、恋愛禁止じゃないですか』と確認すると、指原が『恋愛禁止なのかな?本当?』ととぼけた。指原からの“圧”を感じとった宮脇は、『恋愛禁止です…。た、多分』と弱々しく返事した。そして、この5月に放送された『行列のできる法律相談所』では、指原が『週刊誌の盗撮が怖い』と発言。東野幸治から『恋愛禁止なんだから、恋愛しなければいいだけの話やん』と指摘されると、『それは、ムリ!』と即答した。こういったやりとりが代表的です。ざっくり言うと『恋愛禁止をうたっていても、実際に恋愛禁止なわけがない』という指原の言い分は確かに正論なのですが、一生懸命夢を見て応援しているファンや、それに全力で応えようとしているまじめなメンバーたちにとっては、身もフタもないですよね」(AKS関係者)

 指原は元々、AKB48加入後にファンと交際していたことが発覚したスキャンダルが原因で、HKT48に移籍したという経緯がある。そんなスキャンダルメンバーが史上初の総選挙連覇を達成し、他のメンバーたちのモチベーションは落ちるばかりだという。若手メンバー達が「まじめに頑張っても、意味がない」と思っても、無理はなさそうだ。

「指原が二度目の総選挙1位になった去年から、若手メンバーの男遊びが顕著になって来ました。週刊誌で取り上げられてないだけで、某男性アイドルグループとの合コンは日常茶飯事。そもそも最近の若手にはプロ意識の低いメンバーが多いのですが、よき見本となるべき総選挙1位が、男性タレントと連絡先を交換しまくり、日夜開催される飲み会に参加しているのですから。なおさら悪影響を受けて、グループ全体の男関係はユルユルになってしまいました。プロ意識が高くプライベートで問題がなかった数少ない優等生メンバーにも、この理不尽な状況を見て、限界が来ているようです。この2月、元SKE48の小木曽汐莉の挙式披露宴があったのですが、出席したあるメンバーは『結婚っていいなあ。今までずっとまじめに純潔を守ってきたけど、それもAKBじゃ損するだけだし、彼氏作ったほうがいいのかなあ…』とボヤいていましたよ」(前出・AKS関係者)

関連キーワード

コメント

3:匿名2016年7月19日 11:38 | 返信

地下のスレまとめに妄想加えて記事書けるんだから楽で良いよねw

2:匿名2016年7月 9日 15:13 | 返信

(なんとか関係者)は、指原が出てる番組をいちいち見過ぎなんだよ。

1:匿名2016年7月 9日 11:47 | 返信

さいぞーがまたAKS関係者という脳内関係者で記事書いたか

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。