>  >  > 石田純一、迷走出馬会見の“真の狙い”とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント1
IshidaJunichi.jpg
画像は「石田純一オフィシャルサイト」より引用

 血迷ったのか――。俳優・石田純一の“条件付き出馬会見→断念”を見た人は、誰もがそう思ったことだろう。石田は昨年9月から安保関連法成立を巡る反対デモに積極的に参加するなど、政治の世界に傾倒。そして今月8日、「野党統一候補」という条件つきながら東京都知事選(14日告示、31日投開票)への立候補を表明した。その一方で、出馬した場合の勝率について「10%以下」と即答したり、「ほかに統一候補が出るのなら、喜んで降りる」と述べるなど、要領を得ない部分も見受けられた。政治担当記者は次のように明かす。

「彼を担いだのは学生団体『SEALDs』ではなく、女性中心の小さな市民団体といわれています。“女性に弱い”石田さんだけに、頼まれてソノ気になってしまったのかもしれません」

 とはいえ、男気を見せた代償は思いのほか大きい。石田はCMやレギュラー番組の違約金をめぐり、すでに関係各所から「天文学的な数字」の請求が来ていることを告白。その額は「わずか数日で何百万、何千万の単位になっている」(石田)とのこと。出馬をめぐり、妻の東尾理子とは言い争いになったという。

「石田さん本人も、あの会見でここまで仕事に影響が出るとは思っておらず、今さらながら出馬を断念し、意気消沈しているそうです」(スポーツ紙記者)

 だが、石田を古くから知る人物は「彼はそんなにバカではない。先のこともきちんと計算しているよ」と断言する。

関連キーワード

コメント

1:匿名失礼!トイレ行って来ます。2016年7月18日 23:17 | 返信

ハゲ。

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。