>  > 鳥越俊太郎の女性問題を内調が調査開始

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント2
関連キーワード:
torigoesyuntaro_160713.jpg
鳥越俊太郎公式サイトより


【本と雑誌のニュースサイトリテラより】


 二転三転していた野党統一候補がようやく鳥越俊太郎に決まった。なぜいきなり鳥越?という疑問もなくはないが、鳥越はジャーナリストやキャスターとして一貫してリベラル、反権力の立場を貫いてきた人物。しかも、その発信力や知名度を考えると、野党統一候補としては久しぶりの“勝てる候補”であり、悪い選択ではないだろう。鳥越をよく知る政治ジャーナリストも期待を込めてこう語る。

「鳥越さんは脇の甘いところもあるし、昨日の会見や公開討論ではトンチンカンな受け答えでボケぶりを指摘されていたが、あれはもともとの持ち味。おおざっぱでよく言い間違いをするけど、本人は全く気にしていない。すぐに修正するしね。鳥越さんは性格が陽気で人望があり、ブレーンも多い。意外に政治家に向いていると思うよ。政治スタンスもこれまでのことを振り返れば、途中でぶれるというのは考えにくいしね。それと、なにより重要なのは、鳥越氏だったら勝てるということ。保守が分裂してるわけだから、その可能性はかなり高いでしょう。鳥越さんが都知事になったら、安倍一色の政治やメディア状況に風穴を開けてくれるかもしれない」

 実際、鳥越は出馬会見でも「改憲の流れを変えたい」と明言したうえ、安倍首相の「福島原発はアンダーコントロール」発言について「安倍さんは世界中に嘘をついた」と厳しく批判した。リベラルの側からこうした強い発信のできる人物が政治の表舞台に出てくれれば、流れが一気に変わる可能性はたしかにある。

 ただ、その前に心配なことがある。それは、鳥越氏の女性スキャンダルが発覚する可能性だ。実は、安倍官邸が、鳥越の女性スキャンダルを仕掛けるべくすでに動き始めているというのだ。

「昨晩あたりから、内調の関係者がテレビや週刊誌関係者に鳥越氏の女性関係を聞いて回っているようなんです。昨日、内調のトップである北村滋内閣情報官が1日に2回も安倍首相と会っていたのも気になります、もしかしたら、鳥越氏のことも相談していたんじゃないか。まあ、首相が直接指示したかどうかはともかく、強力そうな政敵は内調を使ってスキャンダルを仕掛けてつぶす、というのがこれまでの安倍官邸の常套手段。今回、官邸は鳥越氏が出てくるのを相当嫌がっていましたから、女性スキャンダルを仕掛けるというのは十分あるでしょう。パイプのある『週刊新潮』か『週刊文春』にこっそりリークするというやり口でしょうね」(週刊誌記者)

関連キーワード

コメント

2:匿名2016年8月 3日 08:20 | 返信

この記事は何が言いたいのか?あんな軽薄で中身のないチャラい爺を都民が選ぶわけない。単なる勘違いスケベ爺じゃん。信念や使命感などあるわけない。自分にしか興味ない無責任タレントじゃん。政府がリーク?されて困る事がある人じゃ困るからじゃんじゃんしてほしい。またか。となるよりまし。しかし、ふじの安藤さんを初め、テレビは身内に寛大。あれで、ジャーナリスト気取るだから日本のテレビに失望。何もかも答えられない記者の質問に「わかりません」とはっきり答える鳥越をみて、安藤は笑顔で「分からないことをわからないと言える鳥越さんは好感がもてる」アホか?知事になるなら、勉強してからなれ。あのていどの質問にも答えられなくて大丈夫?と心配しろ。自分たちも口先だけど生きてるから仕方ないのだろうね。

1:匿名2016年7月21日 22:38 | 返信

すごいね!
この記事の通りのことが今起きてるね!

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。