>  >  > 【動画】ケースに封印された「呪われた人形」が動く瞬間!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント1
関連キーワード:

佐藤Kay

,

呪い

,

心霊

,

憑依

,

超常現象

 英紙「Daily Mail」(2015年4月17日付)は、イギリス・シュロップシャー州シュルーズベリに住むジェーン・ハリスさん(32歳)を“パラノーマル(超常現象)調査官”と紹介している。

 心理学者でもあるジャーンさんだが、「呪われた人形」の研究を、すでに15歳のときから始めていたという。きっかけは従姉妹の死、だったそうだ。現在「Haunted Dolls(呪われた人形たち)」という組織を運営しながら、イギリス中のいわくつき人形たちの調査にあたっているジェーンさんはこれまでどんな“呪い人形”に出会っているのだろうか。


■持ち主を窒息させる操り人形

 ジョン氏(仮名)は父親が亡くなったとき、形見として「操り人形」を譲り受けた。だが、彼はその人形を嫌っていたと話す。

「この人形の最初の記憶は私が19のときでした。オヤジが愛用していて、当時、空き部屋の壁に掛かってたんですが、一度も可愛いと思ったことはなかったですね。家族の誰ひとりとして、あの部屋で寝ることはありませんでした。なぜだか妙に空気が淀んでいたんですよ」(ジョン氏)

creepyhauntedpuppet1.JPG
操り人形を調査する“パラノーマル調査官”のジェーン・ハリスさん 「Daily Mail」の記事より

 父の形見をすべて処分したジョン氏だったが、この人形だけは不憫に思えて手元に残す気になり、寝室のサイドテーブルの中にしまったそうだ。そして、2週間後の晩のこと……。

 突然、ジョン氏は息ができなくなり目が覚めた!そのとき、部屋の中を“なにか”が横切るのが見えたという。

「いきなり、首がギリギリ締めつけられ始めたんです、ものすごい力で! それまで首なんて締められたことなどないので、本当に恐怖でした」

 ジョン氏の妻が夫の異変に気づき飛び起きたときには、なんと人形はベッド脇のサイドテーブルに腰掛けていたという。その瞬間、ジョン氏は直感した、「夢に出てくる老人だ!」と。

 実は、人形を引き取って以来、ジョン氏はなかなか寝付けなくなり、悪夢にうなされることも多くなっていた。夢の中に見知らぬ老人が出てきてはジョン氏を押さえつけたり、彼が眠るベッドに腰掛け、じっと見ているというのだ。

関連キーワード

コメント

1:匿名2016年7月18日 15:06 | 返信

薦度斎に関して

薦度斎に関して
* 薦度斎 : 死者の極楽往生を祈る供養儀式

人が死ぬと、霊魂と肉体は分離されて
自分が行く所に行くと思ったし
これをと表現しました。
* 魂飛魄散 : 人が死んで魂は飛んで行くと魄は飛び散らせるようになること
霊と魂は4次元の霊界に戻って

自分の人生を再び映画の一場面のように
復帰をするようになって
他の人生の輪廻を準備するようになります。

この準備期間を約49日として
この期間に49斎を行って
*49斎 : 人が死んだ日から毎7日目ごとに7回にわたって49日間開催する祈祷儀式

死霊たちの冥福を祈ってくれる
行事を多くの方々が、慣習的に
しています。

事故で死んだ霊魂や自殺した霊魂、
若い年に不意の事故で死んだ
若い霊魂の方々や
苦労だけして亡くなった両親や
あい夫婦の間に死別した場合など
3次元の物質世界では悔しいとか
死んだ霊魂のために
生きている人々が
死んだ霊魂の恨みを晴らすため
生きている人々の心を癒すため、
少なくとも数百万ウォンから多くは数千万ウォンを
支払って薦度斎を務めていることが
私たちの現実です。

生きている人の心を慰めるため、している
薦度斎はその機能にあって
シャーマンたちがする儀式の順機能と比較してみると大きな違いがありません。
全部私の心楽をしようとするのだから
何も間違っていることはありません。

薦度斎を通じて、死んだ霊魂を
いい所に、
地獄から天国に、
薦度ができるかどうかは本質の問題にすると
それは議論の中心に立つ
価値と信念の問題になります。

霊魂の旅行を理解している霊性人なら
薦度斎で霊魂が
いい所へ行くというのは
生きている人々の希望事項というのことのを
また、分かるでしょう。
薦度斎で霊魂をいいとこへ
送れることが出来る人は
この宇宙に誰もいないということです。
ただ、霊魂の自分の霊魂の道での
プログラムと計画によって
宇宙的なカルマによって決定されてるんだが
誰かの祈りと願いに
他人の霊魂の進化の方向が決定されることがないということを
ウデカが明らかにしてあげます。

薦度斎を上げる僧侶たちの力量によって
変わることができると考えている
仏教人たちもたくさんいらっしゃるのです。
実状を知れば、全然そうじゃないです。
僧侶たちの大半90プロ以上は
まだ3次元を卒業していない方たちであり、
10プロだけが5次元以上で
下降する霊魂として人生を生きているから
高い高僧を会うことも難しいうえ
高い高僧に会ったとしても
彼らには幽霊を見られるのも会えるのも
呼べるのもできない方がほとんどで
形式的の手続により進められる
一つの儀式に過ぎません。

たとえ死んだ霊魂を呼んできて
対話をして死んだ魂と対話をすることができる
高僧たちがいるとしても
そんなシャーマンたちがいるとしても
それはそのままもつれた感情の恨みを晴らしている様々な方法の一つであるだけです。
薦度斎に極楽往生を果たすことができると信じている信念は
ラクダが針に入るよりもっと難しいことです。
これが宇宙の秩序です。

死んだ霊魂はほとんど
自分のプログラムによって暮らして行った人が
大部分ですし、
自分の上位自我の同意があって
起きたので
この宇宙で悔しい死はなく、
この悔しいという観点と見解そのものが
3次元の考えであるだけです。
起こることが死という形式で
起きただけです。

いくらそうでも
薦度斎が大きな意味ない
形式化された金儲けの手段に
転落したといっても
シャーマンたちがする儀式が
大きな意味がないと言っても
心をとかして
胸襟を開いて
お互いの縺れた心たちが解いてなりかねないと
人たちが信じる限り
薦度斎とグッド(儀式)は消えないということを
私と皆さんはよく知っています。

地獄は実在ではありません。
皆さんの無知と罪の意識と恐怖の幻影が
地獄というマトリックスを丈夫に作りました。
薦度斎もやはり私たち自らが作った
お互いのもつれた胸を解決するために
生きている人の罪の意識と
申し訳なさと、無知と悲しみが作り出した
もう一つのマトリックスということを
ウデカが明らかにしてあげます。

何も間違えることはありません。
生きている人の気楽たいのことですから...
心を明らかにする知恵が一緒になさることを...

ㅡウデカ(Udeka)
http://udekalightjp.blogspot.kr/2016/07/6.html

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。