>  > ポンド暴落で中国人が英国襲来!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
関連キーワード:

中国

,

日刊サイゾー

england-1
オックスフォード大学から約7kmのところにある小さな町キドリントン。普段はこのように、人通りの少ない静かな住宅街なのだが……

【日刊サイゾーより】

 イギリスのEU離脱により、このところ一気に円高が加速、これまでの円安による買い物の旨味がなくなったため、日本における中国人観光客の爆買いは、ついに終焉を迎えるものとみられている。

 一方で、この経済的混乱の発端となったイギリスでは、ポンド暴落により、思わぬ客を迎えようとしている。それが、中国人観光客である。日本に倣って中国人観光客の爆買いを呼び込もうと、イギリス政府は彼らに対するビザ発給の条件を緩和しており、このポンド安により、今後、中国人観光客がヨーロッパの島国を目指して大挙することが予想されている。

 実は、すでにその予兆が現れていた。しかも、それはロンドンではなく、なんの変哲もない郊外住宅地だった。

 ロンドン中心部から北西に90kmほど離れたオックスフォードシャー州にあるキドリントンは、人口1万人ほどの小さな田舎町。そこに、3週間ほど前から中国人観光客の団体が現れるようになったのだ。英BBCなどが7月7日付で報じた

 オックスフォードシャー州といえば、かの有名なオックスフォード大学があり、そこには多くの観光客が国内外から訪れるが、キドリントンには特に観光名所のようなところはなく、これまでここを外国人観光客が訪れることなど皆無に等しかったという。

england-2
カメラ片手にあちこち歩き回り、勝手に家の敷地に入り込んで写真を撮る中国人観光客たち
england-3
中には、庭仕事をしている住民に話しかけたり、ドアのベルを鳴らしたりする人も

 しかし、住民たちの静かな生活が、突如として打ち破られた。1台の大型バスが町に乗り入れてくると、中から出てきたのは大勢の中国人観光客たち。彼らは大声で話しながら傍若無人に歩道を闊歩し、目についたものはなんでも写真に撮っていく。それだけならまだいいのだが、中にはズカズカと家の敷地に入り込んで写真を撮ったりする迷惑行為も。

関連キーワード

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。