>  > 韓国海兵隊で“食拷問”イジメ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
関連キーワード:

日刊サイゾー

,

韓国

koreanforce0715a.jpg
イメージ画像(Thinkstockより)

 陰湿なイジメや暴力行為がたびたび問題となる韓国軍だが、今度は海兵隊で“食拷問”が行われていたことが明らかになった。成人男性ひとりでは到底食べ切れない量の食べ物を、先輩兵士たちが後輩兵士に無理やり食べさせていたという。

 強要された食べ物リストを一部紹介すると、「菓子パン8個・チョコパイ1パック・牛乳3パック・カップ麺2個」「フライドチキン2本・チョコパイ1パック・お菓子3袋・菓子パン3個・飲み物1.5リットル」といった具合。大食いでもない限り、この量を一度で全部食べ切るのはかなりの苦痛だ。しかも、食拷問が行われるのは決まって食事の後。被害者にとってはまさに地獄のような日々が、約2カ月も続いたという。

 もしこれらを全部食べられなかったら、暴言を吐かれるのはもちろん、暴力も振るわれる。加害者たちは「お前を90キロまで太らせるのが目標だ」と冗談交じりに言い、「もしトイレで吐いたら殺す」などと恫喝したという。日常的な胃もたれと消化不良、さらには呼吸困難まで起こすようになった被害者は、心理検査で「自殺寸前の段階」という判定も受けた。死ぬ寸前まで追い込まれた彼は、やっとの思いで両親に事実を打ち明けたものの、そのことが部隊内に知られて、さらなるいじめに遭ったそうだ。

 実は、軍内での「食拷問」は以前からあり、2014年には兵士が死亡する事件も起きている。

 軍人権センターのイム・テフン所長は「昔は、自分の食べ残しを後輩たちに無理やり食べさせることが多かった。しかし、それも03年から始まった政府の兵役文化革新によって改善され、最近は通報もほとんどない」というが、実際は約10年前になくなったはずの悪習が今も続いていたのだ。
 
 この報道を受け、SNSには「自分も食拷問を受けたことがある」という経験談が続々と寄せられている。「二等兵の時、中士に“食べたいものはあるか”と聞かれて“ピザが食べたい”と言ったら、そのあと地獄が始まった。いまだにピザを見ると吐き気がする」「俺はトイレでもどすのをバレて、殴られたことがある」などなど。コメントを見ていると、まるで食拷問が軍隊文化のひとつではないかと感じられるほどだ。

 韓国ではよく「お化けも打ち殺す海兵隊」といわれるが、これは朝鮮戦争を取材していたアメリカのマーガレット・ヒギンズ従軍記者が、韓国の海兵隊を紹介した際の表現だ。韓国軍の中でも、とりわけ勇猛な集団として認識されてきた海兵隊だが、お化けではなく同志を殺すような食拷問は即刻やめるべきだろう。

関連キーワード

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。