>  > 2030年に日本人の49%の仕事がなくなる

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント2
関連キーワード:

2030年

,

AI

,

ホラッチェ

,

人工知能

ThinkstockPhotos-93958370.jpg
画像は、Thinkstockより

 昨年末、日本の大手シンクタンクがイギリスの有名大学と組んで衝撃的なレポートを発表した。それは2030年に日本の労働人口の49%の仕事がロボットや人工知能に代替されるという内容だ。

 グーグルの自動操縦車や、アトラスのような二足歩行ロボット、アルファ碁のような囲碁の名人に勝つ人工知能が登場した以上、その未来の延長線上に人類が仕事を機械に奪われていく未来が来るのは仕方がない。それは冷徹で残酷な未来の真実である。

 しかしあまり言われていないことだが、このレポートは決定的なところで間違っているようだ。

 発表されたレポートを読むと、日本人の仕事をひとつひとつ人工知能やロボットに置き変えられるかどうかを判断して、それを積算して「日本人の49%の仕事がなくなる」と未来予測をしたようなのだが、そのリストが不思議なことに結論が逆なのだ。

 なくなる仕事のリストを見るとこんな仕事が並んでいる。

【なくなる仕事(一部)】
 警備員、給食調理人、建設作業員、産業廃棄物収集運搬作業員、自動車組立工、スーパー店員、清涼飲料ルートセールス員、バイク便配達員、ビル清掃員

 イギリスの一流大学の教授の目には、単純で厳しい肉体労働が「消えていく仕事」に映ったらしい。一方で2030年になってもなくならない仕事のリストはこうある。

【残る仕事(一部)】
 アートディレクター、インテリアデザイナー、クラッシック演奏家、ゲームクリエイター。作詞家・作曲家、シナリオライター、心理学研究者、内科医、そして経営コンサルタント。

 つまりこう言いたいのだろう。感性や知性、知識や研究、そしてそれらの習熟が必要な仕事は、当分の間はなくならないと。

 だが、この考え方は実に疑わしい。

関連キーワード

AI

コメント

2:匿名2016年12月10日 19:10 | 返信

悪いが今のAIの技術では
どれかひとつでも無くせたら褒めてあげたいレベル

1:匿名2016年8月16日 19:49 | 返信

これ、かなり正しい気がするんだよね。

鶏肉の内臓を取る仕事と百姓と漁師。
これらはそうそうなくなる気がしない。

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。