• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント4
PaulSolomon_2.jpg
イメージ画像:「Thinkstock」より

 みなさん、こんにちは。超常分野研究家の山田高明です。

 つい先日、バングラデシュの首都ダッカで、レストランで飲食中の日本人男女7名を含む20名が、イスラム過激思想に染まった武装グループによって殺害される悲惨な事件が起こりました。犠牲になった日本人やイタリア人は、同国の発展に尽くしていた人たちとのことで、ご本人の無念と、ご遺族の心中は、察して余りあるものがあります。私も今回は本当に胸が痛みました。まずは心からお悔やみ申し上げたいと思います。

 ただ、テロリストへの怒りと憎しみに捕われたら、ふと、米軍の空爆で民間人である家族や友人を虐殺されたアフガン・イラク・シリアの人たちも同様の苦痛に苛まれたに違いないこと、またその悲劇が“対十字軍戦”に志願するイスラムの若者を生む背景のひとつになっている事実に思いを馳せてみることも、無駄ではないと思われます。


■故ポール・ソロモンが予言した時代がついに到来か?

 さて、本題に入ります。近年、イスラム過激派によるテロ事件が異常な頻度で相次いでいるという印象を、みなさんも抱かれているのではないでしょうか。彼らが関わったか、または関わったと思われる近年の主要なテロ事件を挙げればきりがありません。むろん、テロ事件は昔からありました。しかし、近年のそれは、昔日のそれとは明らかに“質”が異なってきています。というより、イスラム過激派による犯行ばかり、という「同質性」が目立ってきたのです。

 しかも、犯人像を見る限り、決して特殊な人ではありません。テロの直前までごく普通の若者だった、というオチが多い。つまり、一般のイスラム教徒から国籍を問わず決起する人々が続出しているのが実情のようです。よって、残念ながら、識者にありがちな「一般イスラム教徒無関係説」は必ずしも正しくなく、むしろその一般の人々の集合的無意識にあるものが一部の人の身体を借りて噴出しているという印象を受けざるをえません。

 ここで私が想起するのが、故ポール・ソロモン氏の予言です。彼は「これから起きる大戦」として、経済戦争と並んで宗教戦争を挙げ、「イスラムの人々が“残りの世界の人々”に対して立ち上がる」と予言しました。昨年、記事にしたところ、大きな反響を呼びました。彼が四半世紀前に予言した時には、今ひとつ現実味を欠いていました。ところが、今では、まさに我々の眼前で展開されている光景と評しても差し支えありません。

コメント

4:匿名2016年7月17日 19:19 | 返信

『そもそも山田氏は、2015年5月の段階で、「『イスラム国』のヨーロッパ侵攻に関する予言を一挙公開! ローマを滅ぼす日、そしてハルマゲドンが…!」という記事をトカナで公開しています。』

…と言っているが、そもそもそんな事は聖書に2000年以上も前から書かれているのだから2015年5月に知っていた程度では愚か者確定で滑稽です。誰も知らないから自分は“他人より優れている”という体がエゴであり戦争の原因になっていると自制して戴きたいものである。いまだに確信を示せない、世間と同じ聖書を読めない普通人。標準だっただけです。

3:匿名 大蒙2016年7月17日 18:42 | 返信

宇宙の十字架

私たちの体に詰まっていた経穴が開かれる
十字の形に開かれ、
天空の真理が地で行われることも
十字の形で行われます

これが天と地が疎通する原理です
地球で人が生きて行くと言うのは
天空の貴重な存在たちが
すべてを下ろして
すべての記憶を封印したまま
すべての能力を封印したまま
狭くて狭いホモ・サピエンスの体を通じて
霊魂の旅をしている
天上の存在たちであり、
自分の固有の人生の十字架を背負って
生きていかなければならない宇宙的存在であり
宇宙のカルマと縁法によって
宇宙の十字架を背負って
ここ地球惑星で天の意思を
地で行われる存在です

天空はすべてのことを許容しました
美しいものと醜さも許容しており、
正しいと信じるすべてのものを許容しており、
悪と信じているすべてのものが
起こるのを許容しており、
人間は想像できる
すべてのものをできる存在として
地球で起きるすべてのことを
許容しており、
あらゆる不条理と不合理なものが
起きることもまた許されており
この過程を通じて大宇宙の法則である
愛の大切さを
光の大切さを学ぶために
闇が一番よく切っている
物質のマトリックスが最も強い
ここ地球にあなたは
宇宙の十字架を背負って
すべてのカルマを打ち明けて解寃しにきた
宇宙的存在だということを記憶してください

地球の先天が終わると同時に
宇宙の後天が始まるのです
新しい宇宙の周期を開くため
ここ地球が選定されており、
地球の痛い歴史の中には
宇宙のカルマと縁法が溶けており、
地球のレベル上昇とともに
宇宙の解寃の相生が
ここ地球で作られることであり
すべてのカルマの解消が行われる予定です

人類たちは
自分の意識の目線で
信じる分だけ見るようになるはずであり
見られるだけに、信じるようになることです

地球250万年の歴史が
宇宙のカルマを解決するために行われ、
新しい天と新しい地を開催に向けた
天の意思が地で展開されるはずです
宇宙の十字架を背負ってきた人類たちは
固有な自分だけの十字架を背負って
大変なここで生きてきました
これまで苦労しました

自分の器のとおり
各自の縁法によって
いなければいけない場所に
行くべきところに
留まらなければならないところに
留まることになるだろうです

どう生きるかも知らないまま
どこから来たのかも知らないまま
どこに行くのかも知らないまま
見えるのが全部で知って住んでいるし
物質が最高である
物質のマトリックスの中に閉じ込められて住んでいるし
宗教のマトリックスの中に閉じ込められており、
是非の極端な二分法の中で
宇宙のカルマを解消するために
人類は最善を尽くし、
各自の固有な魂の旅をしました
これまで苦労しました

何も知らないまま
何も知らないまま
宇宙の知識を取り入れながら
自然災害からの混乱と
社会的基盤が崩壊する混沌の中で
厳しい生存の環境の中で
深い絶望と痛みの中で
覚める者がいるはずであり
あらゆる社会的偏見を乗り越えて
一筋の光を訪れる、少数の因子が
いるはずです
見えるのが全部ではない
見えない世界の真実を見つけ出す
その少数の因子をために
この文を記録に向して残します

この文を読んでいる皆さんは
そのまま地球に理由もなく
見捨てられた存在がなく、
天空は
皆さんの家族の幸せや
福を与えるために
皆さんの祈りを聞くために存在することがなく、
福祉国家や理想社会のために
存在することがもっとありません

すべての霊魂に
自分の意識水準で
霊魂の進化の過程で
大宇宙の秩序と愛を学んでいく
自分の固有な霊魂の道を行く
宇宙的存在であり
宇宙の高貴な存在であるということを
認知してください

見られるだけに、信じるようになるだろう
信じるほど見える
娑婆世界で
一筋の光を訪れる者のために
この文をウデカチーム長が伝えます

2016年 2月 11日

ㅡウデカ
http://cafe.naver.com/treeoflight

2:匿名 大蒙2016年7月17日 18:39 | 返信

http://cafe.naver.com/treeoflight


宇宙の十字架

私たちの体に詰まっていた経穴が開かれる
十字の形に開かれ、
天空の真理が地で行われることも
十字の形で行われます

これが天と地が疎通する原理です
地球で人が生きて行くと言うのは
天空の貴重な存在たちが
すべてを下ろして
すべての記憶を封印したまま
すべての能力を封印したまま
狭くて狭いホモ・サピエンスの体を通じて
霊魂の旅をしている
天上の存在たちであり、
自分の固有の人生の十字架を背負って
生きていかなければならない宇宙的存在であり
宇宙のカルマと縁法によって
宇宙の十字架を背負って
ここ地球惑星で天の意思を
地で行われる存在です

天空はすべてのことを許容しました
美しいものと醜さも許容しており、
正しいと信じるすべてのものを許容しており、
悪と信じているすべてのものが
起こるのを許容しており、
人間は想像できる
すべてのものをできる存在として
地球で起きるすべてのことを
許容しており、
あらゆる不条理と不合理なものが
起きることもまた許されており
この過程を通じて大宇宙の法則である
愛の大切さを
光の大切さを学ぶために
闇が一番よく切っている
物質のマトリックスが最も強い
ここ地球にあなたは
宇宙の十字架を背負って
すべてのカルマを打ち明けて解寃しにきた
宇宙的存在だということを記憶してください

地球の先天が終わると同時に
宇宙の後天が始まるのです
新しい宇宙の周期を開くため
ここ地球が選定されており、
地球の痛い歴史の中には
宇宙のカルマと縁法が溶けており、
地球のレベル上昇とともに
宇宙の解寃の相生が
ここ地球で作られることであり
すべてのカルマの解消が行われる予定です

人類たちは
自分の意識の目線で
信じる分だけ見るようになるはずであり
見られるだけに、信じるようになることです

地球250万年の歴史が
宇宙のカルマを解決するために行われ、
新しい天と新しい地を開催に向けた
天の意思が地で展開されるはずです
宇宙の十字架を背負ってきた人類たちは
固有な自分だけの十字架を背負って
大変なここで生きてきました
これまで苦労しました

自分の器のとおり
各自の縁法によって
いなければいけない場所に
行くべきところに
留まらなければならないところに
留まることになるだろうです

どう生きるかも知らないまま
どこから来たのかも知らないまま
どこに行くのかも知らないまま
見えるのが全部で知って住んでいるし
物質が最高である
物質のマトリックスの中に閉じ込められて住んでいるし
宗教のマトリックスの中に閉じ込められており、
是非の極端な二分法の中で
宇宙のカルマを解消するために
人類は最善を尽くし、
各自の固有な魂の旅をしました
これまで苦労しました

何も知らないまま
何も知らないまま
宇宙の知識を取り入れながら
自然災害からの混乱と
社会的基盤が崩壊する混沌の中で
厳しい生存の環境の中で
深い絶望と痛みの中で
覚める者がいるはずであり
あらゆる社会的偏見を乗り越えて
一筋の光を訪れる、少数の因子が
いるはずです
見えるのが全部ではない
見えない世界の真実を見つけ出す
その少数の因子をために
この文を記録に向して残します

この文を読んでいる皆さんは
そのまま地球に理由もなく
見捨てられた存在がなく、
天空は
皆さんの家族の幸せや
福を与えるために
皆さんの祈りを聞くために存在することがなく、
福祉国家や理想社会のために
存在することがもっとありません

すべての霊魂に
自分の意識水準で
霊魂の進化の過程で
大宇宙の秩序と愛を学んでいく
自分の固有な霊魂の道を行く
宇宙的存在であり
宇宙の高貴な存在であるということを
認知してください

見られるだけに、信じるようになるだろう
信じるほど見える
娑婆世界で
一筋の光を訪れる者のために
この文をウデカチーム長が伝えます

2016年 2月 11日

ㅡウデカ

1:匿名2016年7月17日 10:52 | 返信

舌足らずではなく「言葉足らず」では?

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。