>  >  > 【衝撃予言】日本の救世主は「アオキ先生」の弟子!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント1
Aoki.jpg
イメージ画像:「Thinkstock」より

 みなさん、こんにちは。超常分野研究家の山田高明です。

 どうやら、「イスラムの人々が“残りの世界の人々”に対して立ち上がる」という、故ポール・ソロモン氏の予言した宗教大戦の時代がやって来たようです。とりわけ深刻な問題は、ソロモン氏は「日本も巻き込まれる」と予言していましたが、どうやらそちらの方も的中してしまったと考えられることです。


■2015年1月から「十字軍連合」の仲間入りをした日本!

 2015年1月、シャルリー・エブド襲撃事件直後のタイミングで安倍総理が中東各国を歴訪しましたが、その際に総理が行った公約が、国際社会で大きな注目を集めました。同1月17日、ロイターは「日本の安倍がイスラム国と戦っている中東諸国に対する支援を誓う」と題して、次のように大きく報じました(以下、拙訳)。

Abe told a meeting of the Japan-Egypt Business Committee that Tokyo would provide non-military financial backing for countries fighting the al-Qaeda breakaway group, also known as ISIL.
(安倍は、日本-エジプト・ビジネス委員会の会議で、ISILとして知られる、アルカイダを離脱したグループと戦っている国々に対して、東京は非軍事的な財政後援を与えるだろうと語りました)

"I will pledge assistance of a total of about 200 million U.S. dollars for those countries contending with ISIL, to help build their human capacities, infrastructure, and so on," said Abe.
(「私は、ISILと戦っているそれらの国々に対して、彼らの国民の能力やインフラ、その他の建設を助けるために、合計約2億ドルの支援を誓います」)

 この場合のwillは「確実な予定」のニュアンスです。そしてこの翌日、安倍総理はイスラエルを訪問。ネタニヤフ首相と会談し、テロ対策などにおいて両国が連携強化する旨を、次のような場面で合同発表したのです。

ReligiousWar.jpg
出典:首相官邸サイト

 これにすぐさま反応したのがISでした。早くも1月20日には、「日本の政府と人民へのメッセージ」と題する政治声明ビデオを動画サイトにアップしています。

ReligiousWar_2.jpg

 映像には、その前年にシリアでISに捕まった湯川遥菜さんと後藤健二さんの拘束された姿が登場し、ジハーディ・ジョンと仇名されるアラブ系イギリス人がナイフを振りかざす様子が映し出されていました。ISのメッセージを代弁する男の主張は、「日本の首相よ」で始まります。要約すると、日本はイスラム国に対する十字軍に参加した、私たちを殺すために1億ドルを拠出した、私たちの敵の訓練にも1億ドルを拠出した、この人質たちを救いたければ72時間以内に2億ドルを支払え、という身代金要求の内容でした。

神々の予定表

神々の予定表

日本と世界を待ち受ける戦慄の未来がここに!

コメント

1:匿名2016年7月20日 15:32 | 返信

良記事

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。