>  > 角の生えてきた女性、謎の顔面イボの標本

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
関連キーワード:

【健康・医療情報でQOLを高める~ヘルスプレス/HEALTH PRESSより】

new_jintai0719.jpg
難病・奇病標本の世界的コレクション

 ムター・ミュージアムといえば、なんといっても有名なのが結合双生児、シャムの双子とも呼ばれる奇形児コレクションである。

 その語源は、腹部で連結した双生児チェン&エン・ブンカー兄弟の出生地がシャム(タイ王国の旧名)であったことによる。チェン&エンは、胸の部分が小さな軟骨で結合しており、肝臓を共有していた。現在の医学を持ってすれば分離可能といわれるが、19世紀の医学では無茶な分離手術は死を意味していた。そのため、彼らは生涯結合したままであった。

62歳まで生きた双生児のチェン&エン兄弟

 1811年、チェン&エンはタイに生まれた。1829年にイギリス人に発見されて引き取られ、サーカスの見世物として欧米を旅することになる。1839年にはサーカスを引退し、ノースカロライナで農場を営み、アメリカ市民権を取得。2人して姉妹と結婚し、チェンが11人、エンが10人もの子供を作った。そして1874年、チェンが気管支炎で亡くなると、数時間後にエンも息を引き取っている。

関連キーワード

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。