>  >  > ポケモンGO、天文学的な巨額訴訟リスク!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント0
関連キーワード:

ポケモンGO

,

訴訟

pokemongo0725.jpg
ポケモンGO」ホームページより

 世界30カ国以上で配信され、空前のブームとなっているスマートフォン向けアプリ「ポケモンGO」に、早くも暗雲が立ち込めている。日本では22日に配信。街は大勢の人であふれ返り、経済効果は数千億円規模とも言われているが、同時に歩きスマホによる事故や、高速道路や用水路、神聖な場所にポケモンが出没するケースも報告されている。

 首相官邸の入り口や国会内でも発見されており、菅義偉官房長官は会見で「重要施設のセキュリティーは極めて大事。しっかり対応したい」とコメント。原子力規制委員会はユーザーの立ち入りを想定し、監視カメラの強化している。宮城県大崎市の市営住宅では敷地内に中国人ユーザー2人が無断で侵入。住民と口論となり、警察官が駆け付ける騒ぎとなった。熊本城では20代男性が案内人に「ポケモンGOをプレーしたい」と伝え、立ち入り禁止区域内に侵入を試みた。

 テレビ関係は「ボスニア・ヘルツェゴビナでは90年代の内戦中に埋められた地雷が多く残る危険地域にユーザーが突入し、一歩間違えれば大事故に繋がっていた。ナチス・ドイツ時代の象徴でもあるポーランドのアウシュビッツ強制収容所跡地の博物館でも、複数のユーザーがポケモン捕獲をツイッター上で報告し、大問題となっている」と話す。

 同アプリは任天堂と米企業・ナイアンティックの共同開発。プレイするにはグーグルの位置情報や、個人情報の記されたアカウントを取得する必要があるため「それらが悪用されれば、総監視社会になる。中国やロシアではポケモンGOを日米の“侵略アプリ”と位置付けている」(同)と陰謀論まで飛び出している。

 任天堂の不安はこれだけではない。

関連キーワード

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。