>  >  > メキシコ沖の「超巨大海底都市」がグーグルアースで発見される!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント1

 近年メキシコでUFO目撃情報が爆発的に増えていることもあり、「宇宙人の基地」がメキシコにあるのではないかとの噂がまことしやかに囁かれている。このことを裏付けるかのように、先月メキシコ西部太平洋沖で全長5000メートルを越える「海底ピラミッド」が発見されたのは記憶に新しいが、なんと今回、またもや巨大建造物がメキシコの海底で発見されたというのだ。


■「宇宙人の海底都市」か?

 今月16日、UFOハンター「MexicoGeek」氏が、メキシコ・カリフォルニア湾沖(座標: 26°38'29.03"N 110°27'0.85"W付近)の海底に眠る巨大な物体をおさめた動画をYouTube上に公開すると、「宇宙人の都市」ではないかとの憶測も飛び交う事態に発展、大きな反響を呼んでいる。UFO研究家スコット・ウェアリング氏も自身の運営するブログで取り上げ、知的生命体が建設したものとみて間違いないとの見解を示している。

「これほど巨大な宇宙人基地が、メキシコ湾から45マイル(約72km)のところにあるのだから、メキシコで多くのUFOが出現しているのも頷ける」(ウェアリング氏)
「この基地を建造したのは、100%なにかしらの知的生命体だ」(同)

 さらに、この建造物が発見されたメキシコ・カリフォルニア湾から72kmほど西部には先月発見された「海底ピラミッド」が存在する。これは偶然の一致だろうか? それとも、メキシコ湾一帯には大量の宇宙人が潜んでいるのだろうか?

 ともかく、まずは画像をご覧頂こう。

californiagulf_01.jpg
画像は「UFO Sightings Daily」より引用
]
californiagulf_02.jpg
画像は「UFO Sightings Daily」より引用

 ナスカの地上絵を思わせる不思議な図形だ。角ばった三角形がどこかピラミッドを髣髴とさせることから、メキシコ・テオティワカン遺跡の「太陽と月のピラミッド」と関係があるのではないかと考えるUFO研究家もいる。

だが注目すべきは、その大きさだ。なんと横幅125km、下に伸びる2本の筒状の構造物でさえ25kmもあるのだ! 東京都日本橋から茨城県日立市までの直線距離がおよそ125kmであるから、もはや「基地」ではなく「都市」といっても過言ではないだろう。何十、何百万もの宇宙人が暮らしていてもおかしくないほどの「巨大都市」だ。

コメント

1:匿名2017年6月28日 17:30 | 返信

これを自然物だと言う奴と画像自体がインチキだと言う奴ではどっちがアホだろう?

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。