• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント5
関連キーワード:

インド

,

ゴキブリ

,

昆虫食

,

科学

 近年、昆虫食を扱ったフェスや料理コンテストが次々と開催され、レシピ本まで販売されるなど、昆虫食がますます注目を集めている。そんな中、昆虫食愛好家に朗報が飛び込んできた。なんと、ゴキブリのミルクが飲める日が来るかもしれないというのだ!


■完全食「ゴキブリミルク」

「Daily Mail」(7月26日付)によると、インドの研究チームが、ゴキブリが分泌するミルクに、ケール、キノア、アサイー、チアシード、ココナッツオイルを上回る栄養価が含有されていることを突き止めたとのこと。詳しくみていこう。

milk_01.jpg
画像は「Dr. Stephen Tobe's Virtual Laboratory」より引用
milk_03.jpg
画像は「YouTube」より引用

 インド・バンガロールの幹細胞・再生医学研究所研究(inStem)の研究者らによると、胎生で繁殖することで知られるディプロプテラ・ゴキブリ(Diploptera Punctata)の分泌液に豊富な栄養素が含有されていることが分かったそうだ。

「ゴキブリミルクのプロテインは完全食です。タンパク質、脂質、糖質、さらには必須アミノ酸まで含んでいます」(バネルジー博士)

同研究所のサンチャリ・バネルジー博士がこう語るように、ゴキブリミルクは牛乳の4倍の栄養価を持ち、3倍のエネルギーを有するという。その栄養価の高さから、代替プロテインとして将来の食糧危機に対応できるほどのポテンシャルを秘めているとも。

関連キーワード

コメント

5:匿名2016年10月30日 20:57 | 返信

昆虫食うくらいなら 餓死のほうがマシ

4:匿名2016年7月29日 01:29 | 返信

サンチャリ・バネルジー博士は、何がきっかけでゴキの分泌液の栄養素を調べようと思ったのか

3:匿名2016年7月28日 13:20 | 返信

わかった。じゃあ牛乳を通常の4倍飲めばいいって事だ。

2:匿名2016年7月28日 10:47 | 返信

4倍だろうが10倍だろうが1000倍だろうが飲む気はない。

1:匿名2016年7月28日 10:46 | 返信

アメリカでゴキの早食いやって死人が出たよねwww

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。