• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • コメント7
関連キーワード:

ナイジェリア

,

バケツ

,

三橋ココ

,

奇病

,

成長

,

 世界にはさまざまな珍しい病気があり、それを抱え苦しみながら生きる人々が存在する。そしてそれらの人々の多くは、医学が進んでいない国に住む非常に貧しい人々である。今回、ご紹介する珍しい病気に苦しむナイジェリアの女性ラーマ・ハルナさん(19歳)も適切な治療を受けられずに、プラスチックのおけの中で人生を過ごしている。


■生後6カ月の時に突然成長が止まる

lifeinaplasticbowl1.JPG
プラスチックのおけで日々を過ごすラーマさん 「NollyGrio」の記事より

 ラーマさんはナイジェリア北部のカノ州で生まれた。彼女は手足も胴体も乳児の頃から発育していない。唯一、年齢相当に発育したのは頭と顔だけである。生まれた時は健康な赤ん坊だったが、生後6カ月を境に突然成長が止まってしまったらしい。

 母親のファデイさんはこうインタビューに答えた。「ラーマは生後半年までは順調に育ち、お座りもできるようになりました。でも赤ん坊が次にする『ハイハイ』はまったくできませんでした」。そしてその後、発熱や腹痛、手足の痛みを訴え出し、彼女の身体と手足は生後半年で成長を止めた。

lifeinaplasticbowl2.JPG
Daily Mail」の記事より

 ラーマさんの生活は辛いものであるが、幸いなことに優しい家族に囲まれている。家族はラーマさんの生活が少しでも良くなるよう全力を傾ける日々で、彼女をプラスチックのおけに入れて村中を移動させたりもしている。ラーマさんは、「家族は私をたくさん助けてくれ、また私が必要とする物を何でも与えてくれます」と感謝の気持ちを語る。

 ラーマさんは、10歳になる弟・ファハド君と特に親しく、彼は姉を敬愛している。ファハド君は、「ぼくはお姉さんをいろいろと助けているよ。お姉さんをお風呂に入れたり、外に毎日連れ出すのが日課だ」と言う。そしてラーマさんは親戚を訪ねておしゃべりをしている時は幸せそうなので、連れていくのが楽しいとも話す。

関連キーワード

コメント

7:匿名2018年4月22日 01:54 | 返信

成長ホルモンが分泌されていないのかな?いや、そんな原因ならとうに解明されているはず。謎としか言い様がない。

6:匿名2017年8月18日 00:16 | 返信

逞しく生きているようだし、普通の人と同じだ

5:匿名2016年8月 2日 15:01 | 返信

※1 同意。
当人や家族の苦労は推察するしかないけど
外見をグロ扱いするのは失礼だと思う。

4:匿名2016年7月29日 19:41 | 返信

このコメント欄が、心優しい人のみで、少し安心しました。

世の中、想像もつかないほどのものを抱えてる人がいるって再認識し、命の大切さを子供たちに伝えたいなって思った。

3:匿名2016年7月29日 00:19 | 返信

…家族の方に恵まれているようで本当に良かった…

2:匿名2016年7月28日 23:29 | 返信

女、とは失礼である

1:匿名2016年7月28日 22:58 | 返信

これ閲覧注意のタグは相応しくない

コメントする

お名前
コメント
画像認証
※名前は空欄でもコメントできます。
※誹謗中傷、プライバシー侵害などの違法性の高いコメントは予告なしに削除・非表示にする場合がございます。

18歳未満閲覧禁止

ここから先のコンテンツには、過激でグロテスクな表現と画像が含まれます。そういったものが苦手な方は、強い精神的不快感を覚える可能性があるため閲覧はお控えください。また、18歳未満の方の閲覧を禁止いたします。閲覧される方は必ず各自の責任を持ってご覧下さい。

閲覧しますか?